900円で映画を観る

映画『チワワちゃん』ネタバレあり考察|エロさとキャストがたまらない!

映画感想

映画『チワワちゃん』を鑑賞してきました。

予告を観たとき、ミレミアル世代のフラストレーションが溜まった感じと色彩鮮やかな映像表現に「あ、これ好きなやつかも」と直感しました。

本記事の読了目安は約5分です。ゆっくりしていってくださいね^^

スポンサーリンク

『チワワちゃん』映画情報

監督二宮健
キャスト門脇麦:ミキ
成田凌:ヨシダ
寛一郎:カツオ
玉城ティナ:ユミ
吉田志織:チワワ
村上虹郎:ナガイ
栗山千明:ユーコ
浅野忠信:サカタ
公開日2019年1月18日
上映劇場詳細はこちら
上映時間104分
映倫区分R15+
製作国日本
配給KADOKAWA
その日、東京湾バラバラ殺人事件の被害者の身元が判明した。千脇良子・20歳・看護学校生。ミキはそれが、自分の知っている“チワワちゃん”のことだとは思わなかった。
ミキがいつものミュージックバーで、仲間のヨシダ、カツオ、ナガイ、ユミらと飲んでいる時、ヨシダの新しいカノジョとして“チワワ”が現れた。以前、ヨシダのことが好きだったミキは、フクザツな気持ちで二人を見ていた。その時、バーテンダーのシマから、VIP席にいる男たちのバッグの中に、政治家に届ける600万円が入っていると教えられる。皆がザワつくなか、意を決したチワワが、あっという間にバッグを奪って、走り出した!
翌朝、昨夜の男たちが贈賄罪の疑いで逮捕されたとニュースで報じられていた。宙に浮いた大金をめでたく頂いて、バカンスに繰り出すミキたち。毎晩が豪華なパーティと、最高のお祭り騒ぎ。だが、600万円をたった3日で使い切り、皆は日常に戻っていった。 そんななか、チワワだけが“パーティ”を続けていた。インスタがきっかけとなり人気モデルとなったチワワは、サカタという有名カメラマンと付き合い始めていた。やがてチワワとミキたちは住む世界も違い始めていった。
チワワを偲ぶために、仲間たちが久しぶりに集まったが、誰も最近のチワワを知らなかった。そんな中、ファッション雑誌のライターのユーコから、チワワの追悼記事の取材を受けるミキ。もっと話を聞かせてほしいと頼まれたミキは、仲間たちにあらためてチワワとの思い出を聞きに行く。しかし、ミキを待ち受けていたのは、それぞれの記憶の中の全く違うチワワだった──。
※「チワワちゃん」公式HPより
スポンサーリンク

『チワワちゃん』原作

本作は『ヘルタースケルター』『リバーズ・エッジ』などでおなじみの岡崎京子原作の『チワワちゃん』が原作です。

『チワワちゃん』映画はR15+指定

本作はR15+指定の映画です。確かにR15+指定されるのも納得な映画でした。

レイティングが指定されるのはエロかグロの要素が入っているからですが、本作はエロが入っているからR15+に指定された映画です。これからご鑑賞のみなさん、おめでとうございます(?)。

とはいえ、監督の趣味が混ざったようなエロさでした。ああ、こういうことをやりたかったのね…と少し遠い目になりましたが、まあそんなことはどうでもいいのです。

スポンサーリンク

『チワワちゃん』感想

おすすめ度4.0
個人評価4.0
一言感想エロさとキャストが神!

キャストが神がかっている

本作のキャストは神が選んだのでしょうか…?

本当に最高のメンツが揃った映画だと思います。

門脇麦、成田凌、寛一郎、玉城ティナ、吉田志織、村上虹郎、栗山千明、浅野忠信…

思い返してみるとみんな最高じゃねえか!と脳内で叫んでしまいます。

ミレミアル世代が世界観を作る中に突然現れる浅野忠信さん。痺れた。わりとゆるい感じで物語が進んでいた最中であの存在感。やはりただ者ではない。

あと、ナガイというカメラ好きな学生を演じた村上虹郎さんも素晴らしかったです。最近公開された映画『銃』では主演をしていましたね。

チワワ(吉田志織)の存在感がすごい

チワワちゃん!なんだあの可愛さは!!写真集買うわ!!!

と思いたくなるほど存在感があり、本作の中心にいる人物でした。

というわけで、本作で最も魅力的だったのはチワワを演じた吉田志織さんです。ぶっちぎりのMVPです。

過去に『心が叫びたがってるんだ。』に出演していたようですが、主役級の抜擢は本作が初めてです。そうとは思えないような怪演でしたね。

無条件で笑顔を見せてくれるところや、ウザさを感じる寸前のあざとい演技は見事でした。あんなの男なら誰でもドキッとしてしまいますよ…

本作の中でも多くの人が虜になっていく様子が描かれており、それは観客も例外ではありません。鑑賞してから丸一日が経った今でもチワワが頭から離れません。

それほどのインパクトを残してくれる演技をしていました。

吉田志織さん、今後注目を浴びることになりそうですね。

『渇き。』を彷彿とさせるエモさ

本作は中島哲也監督の映画『渇き。』を彷彿とさせるエモさがありました。

『渇き。』は若者のフラストレーションが色鮮やかな映像によって表現されていますが、本作にも同じような匂いを感じました。

このようなテイストの映画は好みが分かれますし、本編を観るまでは予測がつきにくい部分も多いです。

それに『渇き。』と決定的に違ったところもあります。それは、役所広司さんほど強烈なキャラクターがいなかったことです。

いい意味で映画を掻き回すような存在がいなかったのは少し物足りなかったですね。

 

ここから下はネタバレ含みます!

 

 

 

スポンサーリンク

チワワを殺害した犯人は誰なのか

本作ではチワワちゃんを殺害した犯人が誰なのかは明言されることがありませんでした。

この映画では犯人に繋がるような情報はほぼありません。そもそも本作で犯人探しをする気は全く感じられませんでした。

つまり、本作で犯人探しをするのはナンセンスということになります。

あえて犯人探しをするのであれば、冒頭で600万円を盗まれた組織が復讐のために殺害したと考えられるくらいですかね。

バラバラにするという時点で相当な殺意があるはずなので、ただの通り魔とは考えにくいですし。

 

チワワの死の前後が描かれていない

本作では登場人物それぞれがチワワの本名や死を知った瞬間を描いているシーンはありません。

クラブで600万円を強奪して豪遊するまでを描き、その後は一気にチワワ死後の現実が描かれています。つまり、チワワの殺害が明らかになった前後がごっそり抜けているのです。

これは意図的にやっているのか定かではありませんが、本来一番気になるようなところをバッサリ切っているところに少し違和感がありました。

ここからわかるのは、本作が重きを置いているのは殺害がどうのとかいう問題ではないということです。これについては次項で解説します。

登場人物それぞれがチワワの死を知った瞬間が観たかったな〜と思いつつも、まあそこまで重要なことではないからいいかなとも思い、なんだか複雑でした。

 

『チワワちゃん』は『あの花』と似ている

チワワを殺害した犯人は明かされず半迷宮入りのような状態で終わる本作ですが、最終的にどういう映画だったのか。

筆者の考えは”再会と追悼の物語”だと思っています。

 

600万円を強奪して遊び呆けたあと、一部を除きお互い疎遠になっています。

チワワの死を知ったあと、ミキは共に豪遊をした仲間に連絡を取り合ってチワワのことについて聞いて回るようになります。

ここで少し変だなと思ったのは、なぜかチワワが死ぬ前の行動しか聞いていないことです。死の真相を迫ろうとしているのではなく、単にチワワの生前の行動を聞いているだけなのです。

そもそも本作では犯人探しをしたりチワワの死の真相に触れようとしている人物は誰もいないので、殺害がどうのこうのというのは割とどうでもいいと割り切っていることがわかります。

そこで本作はどこにフォーカスを当てているのかを考え直したら、再会と追悼なのはないかと思いました。

チワワの死をきっかけに仲間と再会し、最終的には追悼に持っていく。ざっくりまとめるとそんな感じの映画のように思いました。

 

あの花』も同じようなプロットを踏んだアニメでした。

 

小学生のころに結成した『超平和バスターズ』の一員である”めんま”が亡くなった。

しかしなぜか成仏できないことをきっかけに、疎遠になった『超平和バスターズ』が高校生になって再び集結し、めんまを成仏させるという物語。

あの花、めちゃくちゃ感動するアニメなので是非。

というように『チワワちゃん』と『あの花』には共通することがとても多かったのも興味深かったです。

本名を言わなくても生きていける世界

本作は”名前”について考察することができます。

ミキが「だいたい私は、チワワちゃんの本名すら知らなかったのだ」と言っていることから、チワワが殺害されるまで本名を知らなかったことも伺えます。

めちゃくちゃ仲がいいにも関わらず本名は知らない。よくよく考えればわかりますが、SNSではこのようなことが当たり前なので、現実でも普通に起きていることです。

これは芸名という概念が徐々に一般化されてきているとも言えるかもしれません。名乗るだけで何者にでもなれる時代になっていますね。

本作では大きく触れられはいませんが、名前とはなにかを考えさせられる映画でもありました。

スポンサーリンク

『チワワちゃん』まとめ

チワワが死んでしまう悲しみを感じる映画でしたが、それで誰かの人生が狂うことはなかったので、そういう意味ではまだ平和な映画だったなと思います。

正直、映画を観る前はもっと頭のおかしいことをしでかすようなイメージがあったのですが、特にそういうこともありませんでしたね(あ、ミキに強姦してたシーンはありましたね…)。

とにかく本作最大の収穫は吉田志織さんという女優の存在を知れたこと。チワワをスクリーンで観るだけでも1,800円払う価値はある映画です。

 

タイトルとURLをコピーしました