興行収入29.5億円
【余命10年】
▲動画配信開始▲

詳細はこちら

映画『CUBE キューブ 一度入ったら、最後』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

2021年10月22日公開の映画『CUBE 一度入ったら、最後』の興行収入と観客動員数の推移、最終興収の予想をまとめた記事です。

 

1997年に制作されたアメリカ映画『CUBE キューブ』初の日本リメイク映画。主演は菅田将暉、共演は岡田将生、杏、斎藤工など豪華キャストが集結しています。

 

映画の人気度を図る指標ともなる興行収入。

鬼滅の刃』の大ヒットがきっかけで興行収入を気にする人も増えてきました。

 

そこで当サイトでは、各作品ごとに興行収入と観客動員数、最終興収の予想を書くことにしました。

本記事は毎週更新していきますので、興味がある方はブックマークしてくださいね。

 

 

この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトを経験後、社員マネージャーとして勤務。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。

フォローする
スポンサーリンク

映画『CUBE キューブ 一度入ったら、最後』の興行収入・観客動員数の推移

公開日数ランキング興行収入観客動員数
公開3日間
10月24日まで
第5位1億2758万3260円9万2000人
公開10日間
10月31日まで
第9位2億7100万円20万人
公開17日間
11月7日まで
圏外3億6232万280円27万人
公開24日間
11月14日まで
圏外4億400万円30万1000人
※毎週火曜日に更新予定です
※数字が不明なところは空欄になります
※発表がなくなり次第、更新終了します

 

▼動画配信はこちら▼

映画『CUBE キューブ 一度入ったら、最後』の無料配信を視聴できるおすすめ動画サイト
映画『CUBE 一度入ったら、最後』を無料で観たい! せっかくなら「最新作を安く観れるサイト」を使いたい! このような願望を実現させます。 本記事では...

 

スポンサーリンク

 

映画『CUBE キューブ 一度入ったら、最後』の最終興行収入を予想!

元映画館社員の私が、興行収入は最終的にどこまで伸びるか予想します。

 

『CUBE 一度入ったら、最後』は、1997年に制作されたアメリカ映画『キューブ』をリメイクした映画です。

キャストは菅田将暉、岡田将生、杏、斎藤工など。魅力的なキャストが揃っているので、それなりに注目されるでしょう。

洋画のCUBEが好きな人と、普段は邦画しか観ない人。どちらも取り込めそうなのが本作の強いところです。

 

『CUBE』はかなり早い段階からプロモーションを展開しているのが特徴的です。

公開8ヶ月前の2月から壁紙付きムビチケを発売するなど、松竹は『CUBE』にかなり力を入れているように感じますね。

 

松竹配給の邦画ホラー(サスペンス)はヒットしやすい傾向があります。

たとえば2020年公開の亀梨和也主演『事故物件 恐い間取り』は興行収入23.4億円、2017年に公開した映画『東京喰種』は11億円、『貞子vs伽椰子』は10億円を突破しています。

『CUBE』も10億円を超える可能性は十分ありそうですね。個人的には15億円に到達するポテンシャルがあるように思います。

 

10/26追記

初日3日間の興行収入は1.2億円でした。公開規模が大きい割には少ない数字ですね。

このままのペースでいけば、先ほど予想したような10億円は難しいように思います。7億円いけば御の字といったところだと思います。

 

スポンサーリンク

 

映画『CUBE キューブ 一度入ったら、最後』について

映画『CUBE 一度入ったら、最後』主題歌予告|大ヒット上映中

監督清水康彦
キャスト菅田将暉(後藤裕一)
杏(甲斐麻子)
岡田将生(越智真司)
田代輝(宇野千陽)
斎藤工(井手寛)
吉田鋼太郎(安東和正)
柄本時生
主題歌星野源「Cube」
公開日2021年10月22日(金)
上映時間108分
配給松竹

 

 

スポンサーリンク

 


関連記事

 

>>CUBE

>>興行収入

タイトルとURLをコピーしました