映画『賭ケグルイ』ネタバレあり感想|つまらないとは言わないが退屈

賭ケグルイ映画感想

映画『賭ケグルイ』を鑑賞してきました。

原作は読んだことがなく、映画にもあまり興味がありませんでしたが、ネットでの評判がぼちぼち良かったのをきっかけに興味が湧いたので観に行きました。

正直な感想としては、まあひどかったですw

つまらないとまでは言いませんが、ギャンブルシーン意外は退屈な思いをしました。

本記事の読了目安は約3分です。ゆっくりしていってくださいね^^

スポンサーリンク

『賭ケグルイ』映画情報

監督英勉
キャスト浜辺美波:蛇喰夢子
高杉真宙:鈴井涼太
宮沢氷魚:村雨天音
福原遥:歩火樹絵里
伊藤万理華:犬八十夢
松田るか:皇伊月
岡本夏美:西洞院百合子
柳美稀:生志摩妄
松村沙友理:夢見弖ユメミ
小野寺晃良:新渡戸九
池田エライザ:桃喰綺羅莉
中村ゆりか:五十嵐清華
三戸なつめ:黄泉月るな
矢本悠馬:木渡潤
森川葵:早乙女芽亜里
えなこ
公開日2019年5月3日
上映時間119分
製作国日本
配給ギャガ

あらすじ

2年華組・蛇喰夢子(浜辺美波)は、生徒会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)とのギャンブルを心待ちにしていた。2人の勝負の期待が高まる中、学園内では“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団・ヴィレッジが生徒会と対立。
組織を主宰する村雨天音(宮沢氷魚)は、過去に綺羅莉にギャンブルで打ち勝ったことのある伝説の人物であった。

ヴィレッジ解体並びに夢子潰しを企む生徒会は、全校生徒に2人1組で強制参加させ、不参加者を即刻退学の刑に処すギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」の開催を宣言。生徒代表に選ばれれば活動資金3億円と、自分の人生を望み通りに決められる「人生計画表・白」が与えられるらしい。

非ギャンブルの考えを貫く村雨が沈黙を守る中、村雨の部下である歩火(福原遥)は組織を守るためにゲームに参戦。夢子は小心者の同級生・鈴井(高杉真宙)と、夢子と共に生徒会に立ち向かってきた芽亜里(森川葵)もかつての対戦相手・木渡(矢本悠馬)とタッグを組み、“学園史上最大のギャンブルトーナメント”に挑むのだった―。

※「賭ケグルイ」公式HPより

原作

原作は河本ほむら著「賭ケグルイ」です。

シリーズ単行本の累計発行部数は470万部を突破している大ベストセラー(2018年12月時点)で、第2回「次にくるマンガ大賞」コミックス部門では第3位になった実績のある漫画です。

監督:英勉

英勉

英勉(はなぶさ つとむ)監督の映画です。

名前の漢字と読み方のクセがすごいですね。。。

過去に「高校デビュー」「ヒロイン失格」「あさひなぐ」などの学園系映画を中心に監督しています。

ちなみに「ヒロイン失格」「あさひなぐ」は僕も大好きな映画です。

主演:浜辺美波

浜辺美波

主演は浜辺美波です。

君の膵臓をたべたい」で一躍有名になったのは記憶に新しいと思います。

2020年8月公開の「思い、思われ、ふり、ふられ」で「君の膵臓をたべたい」で共演した北村匠海とのタッグが再び組まれることが決定しています。

スポンサーリンク

『賭ケグルイ』ネタバレあり感想

おすすめ度2.0
個人評価2.0

迫真の演技はスベりまくり

本作で出演するのは若手俳優ばかりでとても元気がいいですが、くどかったです。

常に迫真の演技だったので、全体的に元気が空回りしているように見えました。

元気というか「やかましい」という表現が正しいかもしれません。

 

ギャンブルなのに感情表現が大げさすぎる

ギャンブルは相手に考えを読まれないようにするのが普通だと思いますが、本作では少し違います。

みんなすぐに感情をさらけ出すし、ちょっとしたことで動揺する不安定なキャラクターばかりでした。

平静を保ってギャンブルできているのは蛇喰と村雨しかいません。

動揺していると見せかけて実はめちゃくちゃ考えている…なんて工夫をしているキャラはおらず、みんなただ感情に身を任せているだけです。

ギャンブルでそれはどうなの…な展開ばかりでした。

 

カード対決で相手の背後に回っちゃう蛇喰さん

ルール違反か不明ですが、「んん、これはいいのか…?」と思うようなシーンがありました。

それが決勝戦で村雨&歩火ペアと対決している時に起こります。

 

決勝戦では「デュアル・クラッシュポーカー」という8枚の手札を持つゲームです。

ルール上は違反ではないかもしれませんが、相手の手札を覗くのはもちろん好ましいことではないのは言うまでもありません。

しかし、蛇喰が相手の手札を覗ける状態になるシーンがあります。

歩火がヴィレッジを壊滅させることを目論んでいたことが発覚したあたりで、蛇喰が歩火たちのの背後に回り込んで語り始めます。

このポジションを取れたら手札は見放題ですよね。

この行為に誰も疑問を感じていないあたりが一周回って面白かったです。

スポンサーリンク

賭ケグルイは「HiGH&LOW×ライアーゲーム」

「HiGH&LOW」と「ライアーゲーム」を掛け合わせたような不思議な映画でした。

なんかグループを作りたがるし、途中から肉弾戦を繰り広げるという謎展開もあるし。

なんかHiGH&LOWっぽい雰囲気を感じました。

 

鑑賞前は「ライアーゲームっぽいのかな」と思っていましたが、その予想は的中でした。

ギャンブルの内容はそこまで作り込まれていないものの、簡易的なライアーゲームとして観るには十分楽しめました。

しかし、展開が見え見えなことと、いちいちうるさいのはちょっと目障りでした。

『賭ケグルイ』まとめ

正直微妙な映画でした。

つまらないとは言いませんが、ギャンブルシーン以外は退屈するところが多かったかなと思います。

ギャンブル映画として見るならキャラの感情表現が破茶滅茶すぎますし、学園ものとして見るには学園要素が足りない気がしました。

各キャラを大人しくさせて、ギャンブルシーンを長時間観れてたら少しは楽しめたかなと思います。

(C)019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました