映画『TENET(テネット)』日本公開日決定!IMAXレーザー上映の情報まとめ

2020年ノーラン監督最新作『TENET(テネット)』日本公開日はいつ?IMAXレーザーは?IMAX

クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET(テネット)』が2020年9月18日に公開決定し、ティザービジュアルが解禁されました。

『ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』などの代表作を世に出してきたノーラン監督の新作ということで、世界が注目している映画です。

本記事では『TENET(テネット)』IMAXレーザーの情報をまとめています。

『TENET(テネット)』公開日はいつ?

2020年9月18日に日本公開の予定です。

この記事は日本公開日が決定した前に書いたものです。
以下は日本公開日の予想を書いています。

日本公開日はいつ?

日本公開日は未定となっています。

海外の映画は本国公開よりも若干遅れる傾向があります。

ではいつ頃に日本公開となるのかを予想してみました。

ノーラン監督の過去作から予想

ノーラン監督の前作『ダンケルク』は2017年7月21日に全米公開となりましたが、日本公開は同年9月9日でした。

『インターステラー』は2014年11月7日に全米公開となり、日本公開は同年11月22日でした。

例年通りにいくと、日本公開は若干遅れる可能性が考えられます。

配給会社から予想

『TENET』はワーナー・ブラザースが配給する映画です。

ここで、直近で公開される(された)ワーナー映画の公開日をご覧ください。

アクアマン本国公開:12月21日
日本公開:2月8日
アナベル 死霊博物館本国公開:6月26日
日本公開:9月20日
ジョーカー10月4日(日米同時公開)
IT/イットTHE END本国公開:9月6日
日本公開:11月1日

このように、本国公開よりも約1〜3ヶ月ほど遅れる傾向があります。

中には『ジョーカー』のように日米同時公開の映画もありますが、割合的には公開が遅れる方が圧倒的に多いです。

近年の海外映画の傾向から予想

ワーナー映画は公開が遅れる傾向があると言いましたが、近年は日米同時公開の映画が増えています。

  • アベンジャーズ エンドゲーム
  • 名探偵ピカチュウ
    (世界最速公開)
  • メン・イン・ブラック:インターナショナル
  • スパーダーマン ファー・フロム・ホーム
    (世界最速公開)
  • ジョーカー
  • マレフィセント2
  • アナと雪の女王2
  • ジュマンジ ネクスト・レベル

近年ではこれだけの映画が日米同時公開となっており、中には世界最速公開となった映画もあります。

いずれも何かしらのブランドがある映画となっており、『TENET』はノーラン監督最新作というブランドがあるので、日米同時公開となる可能性があると考えられます。

ちなみに世界最速公開になるのは考えにくいですね。
そうなるための材料は今のところ何もないので。

公開時期から予想

『TENET』の本国公開は2020年7月17日です。

『ダンケルク』も同じような時期(7月21日)に公開されましたが、日本では9月に公開された背景があります。

ここから「日本は夏興行を避けたのでは?」という推測ができます。

当時の日本ではノーラン監督の知名度はそこまで高くなく、IMAXの上映枠を『ダンケルク』に割く勇気がなかったのか、もしくは出来るだけ枠を増やすためにあえて遅らせたのかという両側面から考えられます。

それはともかく、今となってはノーラン監督の映画をIMAXレーザーで観たいという人が増え、池袋にIMAXレーザーが導入されたことを考えると、今なら日本の夏興行でも十分勝負できると思います。

そう考えると、配給の裁量次第では日米同時公開もあるかもしれないと予測できます。

結論:日米同時公開の可能性はある

  • 過去のノーラン監督作品は本国公開より遅れた
  • ワーナー配給映画は本国公開より遅れる傾向がある
  • 近年は日米同時公開が増えてきた
  • ノーラン監督作品・IMAX共に需要が高まってきた

結局日本公開がいつになるか核心は得られませんでしたが、日米同時公開(2020年7月17日)の可能性は十分にあると思います。

この記事は日本公開日が決定した前に書いたものです。
日本公開は9月18日と発表されています。

『TENET(テネット)』IMAXレーザー上映はある?

テネット_IMAX

© 2019 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

ノーラン監督といえば70mmIMAX(IMAX®︎レーザー / GTテクノロジー)ですよね。

公式サイトに『70mm IMAX FILM』の表記があったので、IMAXカメラで撮影されていることがわかります。

つまり、ほぼ確実にIMAXレーザーでの上映があると思っていいでしょう。

フルサイズで観れる映画館は、東京のシネマサンシャインと大阪の109シネマズ大阪エキスポシティのみです。

7月28日追記

7月10日より公開されている『ダークナイト』IMAX版の本編前に、6分間のプロローグ映像が上映されています。

『TENET テネット』のIMAX上映は確定と考えていいでしょう。

【2020年版】IMAXレーザー/GTテクノロジーが導入されている映画館は?
近年、IMAXを導入する劇場が増えてますね。 IMAXの中でも一段とパワーアップした設備に『IMAXレーザー/GTテクノロジー』『IMAXレーザー』があります。 本記事では、より進化したIMAXを導入している映画館を紹介します。...

映画『ダークナイト』IMAXリバイバル/4DX上映でプロローグ映像あり

7月10日(金)より、ノーラン監督の代表作『ダークナイト』のIMAXリバイバルおよび4DX上映がはじまります。

本編前には『TENET テネット』の約6分間のプロローグ映像が上映される予定です。

【上映決定!】ダークナイト(映画)のIMAXリバイバル再上映はいつ?
7月10日(金)より、IMAX・4DXでのリバイバル上映が決定しました。 2008年に公開され、今なお熱い支持を受け続ける映画『ダークナイト』。 クリストファー・ノーラン監督の名前を世界に知らしめた代表作であり、アカデミー賞助演男優...

『TENET テネット』について

原題Tenet
監督クリストファー・ノーラン
日本公開日2020年9月18日
上映方式未定
上映時間未定
製作国アメリカ
配給ワーナー・ブラザース映画

キャスト

  • ジョン・デビッド・ワシントン
  • ロバート・パティンソン
  • エリザベス・デビッキ
  • ディンプル・カパディア
  • アーロン・テイラー=ジョンソン
  • クレマンス・ポエジー
  • マイケル・ケイン
  • ケネス・ブラナー

スタッフ

  • クリストファー・ノーラン(監督・製作・脚本)
  • エマ・トーマス(製作)
  • トーマス・ヘイスリップ(製作総指揮)
  • ルドウィグ・ゴランソン(音楽)

まとめ

  • 2020年9月18日に日本公開予定
  • 70mmIMAXで撮影
    (IMAXレーザーでの上映はほぼ確実)

関連記事

映画『TENET テネット』はいつまで上映する?元映画館社員が上映終了日を予想
9月18日(金)公開の映画『TENET テネット』はいつまで上映するのか予想しました。 本作は『ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』など数々の名作を生み出したクリストファー・ノーラン監督の最新作です。 私は映画館...
【予想あり】インターステラーのIMAXリバイバル再上映はいつ?
2014年に公開されたクリストファー・ノーラン監督の映画『インターステラー』は、映画ファンの中で絶大な人気がある傑作映画です。 70mmのIMAXカメラで撮影された映画でもあるため、IMAXでのリバイバル再上映を望む声がとても多いです...
【上映決定!】ダンケルクのIMAXリバイバル再上映はいつ?
7月31日(金)より、IMAX・4DX・ドルビーシネマでのリバイバル上映が決定しました。 2017年に公開されたクリストファー・ノーラン監督の映画『ダンケルク』は、映画ファンの中で絶大な人気がある映画です。 第90回アカデミー賞では...

 

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

タイトルとURLをコピーしました