【るろうに剣心 最終章 The Final】動画配信開始!

映画『最後の決闘裁判』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

映画『最後の決闘裁判』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

2021年10月15日公開の映画『最後の決闘裁判』の興行収入と観客動員数の推移、最終興収の予想をまとめた記事です。

 

1386年、実際に行われたフランス最後の『決闘裁判』を基にした物語を、リドリー・スコット監督とマット・デイモン、ベン・アフレックによる脚本で映画化した本作。

 

映画の人気度を図る指標ともなる興行収入。

鬼滅の刃』の大ヒットがきっかけで興行収入を気にする人も増えてきました。

 

そこで当サイトでは、各作品ごとに興行収入と観客動員数、最終興収の予想を書くことにしました。

本記事は毎週更新していきますので、興味がある方はブックマークしてくださいね。

 

この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトを経験後、社員マネージャーとして勤務。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。
姉妹サイト『ドラマ予報』『アニメ予報』運営者。

フォローする
スポンサーリンク

映画『最後の決闘裁判』の興行収入・観客動員数の推移

公開日数ランキング興行収入観客動員数
公開3日間
10月17日まで
※毎週火曜日に更新予定です
※数字が不明なところは空欄になります
※発表がなくなり次第、更新終了します

 

映画『最後の決闘裁判』はいつまで上映するのか元映画館社員が予想!
2021年10月15日(金)公開の映画『最後の決闘裁判』はいつまで上映するのか予想した記事です。 1386年、実際に行われたフランス最後の『決闘裁判』を基にした物語を、リドリー・スコット監督とマット・デイモン、ベン・アフレック...

 

スポンサーリンク

 

映画『最後の決闘裁判』の最終興行収入を予想!

元映画館社員の私が、興行収入は最終的にどこまで伸びるか予想します。

まず先に言ってしまうと、
『最後の決闘裁判』の興行収入は厳しい結果になると予想しています。

 

『最後の決闘裁判』は巨匠リドリー・スコット監督、『グッド・ウィル・ハンティング』以来のタッグとなるマット・デイモンとベン・アフレック、『スター・ウォーズ』のカイロ・レンを演じたアダム・ドライバーが共演となる作品。

洋画好きにはたまらないキャストが集結していますね。

しかし洋画好きが少数派な日本では、これらの豪華キャストが揃っても日本では興行不振に終わることも珍しくありません。

何らかの賞を受賞していれば宣伝に使えますが『最後の決闘裁判』に受賞歴はありません。キャストを推しても洋画好きにしか響かないと思います。

宣伝材料が弱いことが、興行に苦戦するかなと思う理由です。

 

『最後の決闘裁判』の累計興行収入は5億円いけばいい方ではないかと思います。

※この予想は映画館が通常営業できればという前提になります。

 

スポンサーリンク

 

映画『最後の決闘裁判』について

原題The Last Duel
監督リドリー・スコット
原作フランク・ハーバート
キャストジョディ・カマー
マット・デイモン
アダム・ドライヴァー
ベン・アフレック
公開日2021年10月15日(金)
上映時間
配給ディズニー

 

スポンサーリンク

 


関連記事

 

>>最後の決闘裁判

>>興行収入

タイトルとURLをコピーしました