興行収入85億円突破
【劇場版 呪術廻戦0】
900
円で観る方法

詳細はこちらから

映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

2021年10月1日公開の映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の興行収入と観客動員数の推移、最終興収の予想をまとめた記事です。

人気スパイ映画『007』シリーズの最新作であり、ダニエル・クレイグによるジェームズ・ボンド最後の作品ともなります。

 

映画の人気度を図る指標ともなる興行収入。

鬼滅の刃』の大ヒットがきっかけで興行収入を気にする人も増えてきました。

 

そこで当サイトでは、各作品ごとに興行収入と観客動員数、最終興収の予想を書くことにしました。

本記事は毎週更新していきますので、興味がある方はブックマークしてくださいね。

 

▼ブルーレイDVD予約開始▼

 

この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトを経験後、社員マネージャーとして勤務。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。
姉妹サイト『ドラマ予報』『アニメ予報』運営者。

フォローする
スポンサーリンク

映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の興行収入・観客動員数の推移

公開日数ランキング興行収入観客動員数
公開3日間
10月3日まで
第1位6億1090万2320円42万1995人
公開10日間
10月10日まで
第1位13億3095万5870円91万7168人
公開17日間
10月17日まで
第2位18億587万8690円124万7319人
公開24日間
10月24日まで
第3位20億8572万2430円143万8445人
公開31日間
10月31日まで
第7位22億8568万3490円157万6105人
公開38日間
11月7日まで
第9位24億4013万7040円168万6109人
公開45日間
11月14日まで
第8位25億2356万4440円174万4978人
公開52日間
11月21日まで
第9位25億8342万5690円178万6771人
公開59日間
11月28日まで
圏外26億4354万7090円182万8342人
公開66日間
12月5日まで
圏外26億7230万2640円184万9349人
公開73日間
12月12日まで
圏外26億8842万4340円186万475人
公開80日間
12月19日まで
圏外26億9774万1640円186万6884人
※毎週火曜日に更新予定です
※数字が不明なところは空欄になります
※発表がなくなり次第、更新終了します

 

▼動画配信はこちら▼

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の動画配信を無料視聴できるサブスクまとめ
映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』を無料で観たい! せっかくなら「最新作を安く観れるサイト」を使いたい! このような願望を実現させます。 本記事...

 

スポンサーリンク

 

映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の最終興行収入を予想!

元映画館社員の私が、興行収入は最終的にどこまで伸びるか予想します。

興行収入を予想するには、過去作品の第一週目と累計興行収入が分かればおおよそ予想できます。

今回は2012年公開の前々作映画『スカイフォール』、2015年公開の前作『スペクター』と比較していきます。

  • スカイフォール
    • 初週:4.5億円
    • 累計:27.5億円
  • スペクター
    • 初週:4.7億円
    • 累計:29.6億円

『スカイフォール』『スペクター』の興行収入は以上の通りでした。

 

累計興収に初週の数字を割ります。

  • スカイフォール
    • 27.5億 ÷ 4.5億 = 6.1
  • スペクター
    • 29.6億 ÷ 4.7億 = 6.2

 

この数式から、過去作の最終興収は初週の約6倍だったことがわかります。

つまり『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の最終興行収入は、初週の興収に6倍を掛けた数字と近くなるのではないかと考えられます。

 

ただし今回は007史上最高の興行収入になる可能性があると考えています。

元々2020年4月に日本公開予定でしたが、何度も延期を重ねた末、2021年10月1日に公開されると決まってからは東宝東和のプロモーションが加熱したように思います。

テレビ・映画館・SNSなど、目にする機会が多かったのではないでしょうか。

最新予告編の再生回数は公開前で200万回を突破しているので、注目度はかなり高いことが分かります。ダニエル・クレイグ最後の007というのも大きなポイントですね。

 

007シリーズで最も興行収入が高かった作品は、1977年に公開した『私を愛したスパイ』で31.5億円。次いで前作『スペクター』の29.6億円です。

先ほどのポイントを踏まえると『ノー・タイム・トゥ・ダイ』は30億円超えを十分狙える作品だと思います。

もしシリーズ最高の興行収入となれば、それがまた宣伝材料になるので、さらに動員を呼べる起爆剤にもなり得ます。そうなると、初週の6倍以上の数字を叩き出す可能性も考えられますね。

 

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の最終興行収入は、初週興収の6〜8倍くらいになるのではないかと予想しました。

初週興行収入が出たら詳しく予想していきます。

※この予想は映画館が通常営業できればという前提になります。

 

10/5追記

初週の興行収入は6.1億円でした。スカイフォールの4.5億円、スペクターの4.7億円を上回る記録となっていますね。

6.1億に先ほど出した6〜8倍を掛けると36.6億円〜48.8億円。このままのペースでいけば30億円は超えると思いますし、007歴代最高の興行収入になる可能性は十分ありそうです。

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の最終興行収入は35億〜45億円くらいになるかなと予想しました。

 

 

▼動画配信はこちら▼

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の動画配信を無料視聴できるサブスクまとめ
映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』を無料で観たい! せっかくなら「最新作を安く観れるサイト」を使いたい! このような願望を実現させます。 本記事...

 

スポンサーリンク

 


関連記事

 

>>007

>>興行収入

タイトルとURLをコピーしました