映画『アーヤと魔女』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

映画『アーヤと魔女』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

4月29日(木・祝)公開の映画『アーヤと魔女』の興行収入と観客動員数の推移、最終興収の予想をまとめた記事です。

本作は『ハウルの動く城』の原作者ダイアナ・ウィン・ジョーンズの同名児童文学を、スタジオジブリ初の長編3DCGアニメとして映像化。宮崎駿が企画、宮崎吾朗が監督を務めています。

 

映画の人気度を図る指標ともなる興行収入。

『鬼滅の刃』の大ヒットがきっかけで興行収入を気にする人も増えてきました。

 

そこで当サイトでは、各作品ごとに興行収入と観客動員数、最終興収の予想を書くことにしました。

本記事は毎週更新していきますので、興味がある方はブックマークしてくださいね。


この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトを経験後、マネージャーとして勤務。
プライベートでは年間100本近くの映画を観る映画好き。

フォローする
スポンサーリンク

映画『アーヤと魔女』の興行収入・観客動員数の推移

公開日数興行収入
ランキング
興行収入観客動員数
公開3日間
(5月1日まで)

 

スポンサーリンク

 

映画『アーヤと魔女』の最終興行収入を予想!

元映画館社員の私が、興行収入は最終的にどこまで伸びるか予想します。

興行収入を予想するには、過去作品の第一週目と累計興行収入が分かればおおよそ予想できます。

今回は2017年公開の映画『夜は短し歩けよ乙女』と比較していきます。

  • 初週:1.3億円
  • 累計:5.3億円

『夜は短し歩けよ乙女』の興行収入は以上の通りでした。

 

累計興収に初週の数字を割ります。

5.3億 ÷ 1.3億 = 4

この数式から、最終興収は初週の4倍だったことがわかります。

 

4/29公開『アーヤと魔女』は、
累計興行収入は初週の数字に4倍を掛ければ分かる
ということになります。

※あくまで目安です。

 

初週興行収入が出たら詳しく予想していきます。

 

スポンサーリンク

 

映画『アーヤと魔女』の関連情報

『アーヤと魔女』に関するお得情報、関連作品など紹介します。

映画を観る前にチェックしてみてくださいね。

 

『アーヤと魔女』を900円で観る

『アーヤと魔女』を900円で観る方法があります。

詳しくは以下の記事からご参考ください。

>>最新映画を900円で観る方法

 

いつまで上映する?

『アーヤと魔女』はいつまで上映するのか。

詳しくは以下の記事で解説しています。

>>『アーヤと魔女』はいつまで上映する?

 

スポンサーリンク

 


関連記事

 

>>アーヤと魔女

(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

900円で映画を観よう!

映画館で映画を鑑賞するには、普通は1,900円かかります。どんなに安い日でも1,000円。
これ以上安くするには、映画館のポイントや招待券などを使うしかありません。
しかし、、、
U-NEXTを利用すれば900円で観れます。
通常1,900円が900円。なんと半額以下になっちゃいます!
映画にお金を使いたくない方はぜひご活用ください。

興行収入
フォローする
映画予報
タイトルとURLをコピーしました