【なぜか知られてない】900円で上映中映画を観る裏技

【映画】上映期間の平均はどれくらい?決まり方と予測する方法を元映画館社員が解説

【映画】上映期間の平均はどれくらい?決まり方と予測する方法を元映画館社員が解説

あの映画っていつまで上映するんだろう…

誰もが一度は気になったことがある(?)このお悩みに、元映画館社員の筆者が答えます。

 

まず先に言っておくと、上映期間は最初から決まっているわけではありません。

公開されてからの観客動員数や話題性などを鑑み、劇場支配人・番組編成部・配給会社との間で決められます。

 

では上映期間は分からないのか?と言われたら、そんなことはありません。

ちょっとしたポイントを押さえれば、ある程度なら誰でも予測できます。

本記事では、映画の上映期間はどれくらいなのか、誰でも簡単に予測する方法を解説します。

 

本記事でわかること
  • 映画の平均上映期間
  • 上映期間の決まり方
  • 上映期間を見抜くコツ

 


この記事を書いている人

元映画館社員(マネージャー)
映画館でアルバイトを経験後、マネージャーとして勤務。
プライベートでは年間100本近くの映画を観る映画好き。

スポンサーリンク

映画の上映期間についての基礎知識

まず、上映期間の基礎知識として、これだけは知っておきたいことを3つ挙げます。

  • 最初から決まっていない
  • 映画館ごとに異なる
  • 平均的な上映期間

 

上映期間は最初から決まっていない

そもそも、映画の上映期間は最初から決まっているわけではありません(期間限定上映は除く)。

冒頭でも触れましたが、上映期間は公開されてからの観客動員数や話題性などを鑑み、劇場支配人・番組編成部・配給会社との間で決められます。

 

上映期間は映画館ごとに異なる

映画の上映期間は映画館ごとに異なります。

  • 客層が違う
  • 上映パターンの増加
  • 特定の地域が舞台の映画

都心の映画館では若者向けの映画が多い反面、郊外ではファミリーやシニア向けの映画が多いなど、立地によって客層が変わります。

最近では上映パターンの増加も顕著になってきました。たとえば急遽4DXや応援上映が決まったりなど、上映方式の多様化も映画館ごとに上映期間が異なる理由の一つになっています。

特定の地域が舞台となっている映画は、その地域のみ上映期間が長くなる傾向もあります。

このように、映画館によって需要のある作品は違うので、上映期間は異なるということですね。

 

映画の平均上映期間はどれくらい?

映画の上映期間は作品によって異なりますが、約1〜3ヶ月ほどになることが多いです。

 

本サイトでは、作品ごとに上映期間を予測していますので、併せてご参考ください。

最新映画の上映終了日予想
最新映画の上映終了日を予想しているカテゴリーです。

 

上映期間の決まり方

映画の上映期間に決まりはありません。

その理由は、映画がヒットするかは公開しないと分からないからです。

『鬼滅の刃』『君の名は。』『ボヘミアン・ラプソディ』など、近年は予想を超えるヒット作品が連発しています。最初から期間を指定したら損ですよね。

 

では、上映期間はどうやって決められているのか。主に以下の3つが基準となっています。

  • 公開初週の観客動員数
  • 劇場の動員推移
  • 話題性

 

公開初週の観客動員数

公開初週の観客動員数は、今後の伸びを予想するのに大事な指標になります。

よほど話題にならない限り、二週目以降に初週の成績を超えることはそんなにありません。

つまり、この時点で上映終了日の見通しが立つこともあるということですね(概算ですが)。

 

劇場の動員推移

上映期間は劇場によって異なるとは先ほども書きましたが、もう少し掘り下げると『劇場ごとの動員推移』を見る必要があります。

動員数が落ち、これ以上上映しても利益を見込めないと判断したら終了させます。

 

話題性

劇場ごとの動員推移が大事とは言いましたが、世間の話題性は無視できません。

その理由は、配給会社が上映期間の延長を指示することがあるからです。

いくら動員が減っていても、配給としてはヒットした映画を簡単に終わらせたくないのが本音なのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

上映期間を見抜くコツ

実は、自分で上映期間を予想する方法があります。そのポイントは以下の3つです。

  • 興行収入ランキング
  • 映画の上映回数
  • 終了日の記載

 

興行収入ランキング

テレビやネット記事などの『週末興行収入ランキング』を見ると、話題性を知ることができます。

ベスト10に入っているうちは、最低でも2週間は終了しないと思って大丈夫でしょう。

映画館は人気のある作品をわざわざ終了させませんからね。

 

1日の上映回数

上映回数が1日1回になったら、いつ終了してもおかしくありません。

「そろそろ上映終わるよ」という映画館側のサインと受け取ってもいいでしょう。

 

終了日の記載

上映終了の目処がたったら、各映画館のHPに『○月○日終了予定』と記載されるはずです。

終了予定日が載っていたら、その日までに観にいきましょう。

補足

ここに記載される日付は絶対ではありません。

なぜなら、配給会社が上映期間の延長を指示することがあるからです。

上映期間は映画館が好き勝手に決められるものではないということですね。

人気作品はダラダラと伸びる傾向がありますね。

興行成績がよければ打ち切りたくないのが配給の本音でしょうね。

 

スポンサーリンク

 

作品別の上映期間について

でも、そんなの自分で予想するのめんどくさいよ…

と思う気持ちはよく分かります。

そこで本サイトでは、作品別に上映終了日を予想した記事を書いています。

本記事には書かなかった『過去作品や類似作品と比較する』という手法を用いて上映期間を予想していますので、併せてご参考ください。

上映終了日予想
人気記事 新着記事

 

900円で映画を観よう!

映画館で映画を鑑賞するには、普通は1,900円かかります。どんなに安い日でも1,000円。
これ以上安くするには、映画館のポイントや招待券などを使うしかありません。
しかし、、、
U-NEXTを利用すれば900円で観れます。
通常1,900円が900円。なんと半額以下になっちゃいます!
映画にお金を使いたくない方はぜひご活用ください。

申し込みが多いVODランキング
U-NEXT

【おすすめ新着映画】
1. きみの瞳が問いかけている
2. ドクター・デスの遺産
3. 浅田家!
4. 人数の町
5. 糸

【新作関連作品】
1. エヴァンゲリオン新劇場版 序・破・Q
2. るろうに剣心(1作目・京都大火編・伝説の最期編)
3. 名探偵コナン(劇場版1〜11作目)

【おすすめポイント】
・31日間無料お試しあり
・無料入会で600円分のポイント付与(新作映画1本相当)
映画館の割引チケットあり(900円で購入可)

【最終更新】4月5日

music.jp

【おすすめ新着映画】
1. きみの瞳が問いかけている
2. ドクター・デスの遺産
3. 浅田家!
4. サイレント・トーキョー
5. 人数の町

【新作関連作品】
1. エヴァンゲリオン新劇場版 序・破・Q
2. るろうに剣心(1作目・京都大火編・伝説の最期編)
3. 名探偵コナン(劇場版1〜11作目)

【おすすめポイント】
・30日間の無料お試しあり
・無料登録で1,600円分のポイント付与(新作映画4本相当)
・1,589円/月で毎月5,458円分のポイント付与(新作映画12本相当)

【最終更新】4月5日

TSUTAYA TV

【おすすめ新着映画】
1. きみの瞳が問いかけている
2. ドクター・デスの遺産
3. 浅田家!
4. サイレント・トーキョー
5. 人数の町

【新作関連作品】
1. エヴァンゲリオン新劇場版 序・破・Q
2. るろうに剣心(1作目・京都大火編・伝説の最期編)
3. 名探偵コナン(劇場版1〜11作目)

【おすすめポイント】
・30日間の無料お試しあり
・無料登録で1,100円分のポイント付与(新作映画2本相当)
・DVDと配信の両方を楽しめる

【最終更新】4月5日

上映終了日予想
フォローする
映画予報
タイトルとURLをコピーしました