動画配信開始!
【ハニーレモンソーダ】
【キャラクター】

こちらから無料で視聴する

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

2022年1月7日(金)公開の映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の興行収入と観客動員数の推移、最終興収の予想をまとめた記事です。

 

トム・ホランドの『スパイダーマン』シリーズ3作目にして完結編となる本作。

8月24日に公開された予告1は、24時間の視聴回数記録を更新。これまで『アベンジャーズ/エンドゲーム』が持っていた2億8900万回を超え、3億5500万回再生されたとのことです。

日本のYouTubeでも急上昇1位になるなど、世界が公開を待ちわびている映画と言えるでしょう。

 

映画の人気度を図る指標ともなる興行収入。

鬼滅の刃』の大ヒットがきっかけで興行収入を気にする人も増えてきました。

 

そこで当サイトでは、各作品ごとに興行収入と観客動員数、最終興収の予想を書くことにしました。

本記事は毎週更新していきますので、興味がある方はブックマークしてくださいね。

 

この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトを経験後、社員マネージャーとして勤務。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。
姉妹サイト『ドラマ予報』『アニメ予報』運営者。

フォローする
スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の興行収入・観客動員数の推移

公開日数ランキング興行収入観客動員数
公開3日間
1月9日まで
※毎週火曜日に更新予定です
※数字が不明なところは空欄になります
※発表がなくなり次第、更新終了します

 

スポンサーリンク

 

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の最終興行収入を予想!

元映画館社員の私が、興行収入は最終的にどこまで伸びるか予想します。

興行収入を予想するには、過去作品の興収と比較すればヒントが見えてきます。

 

トム・ホランド主演の『スパイダーマン』は今回で3作目になります。

そこで今回は、2017年に公開された1作目『ホームカミング』、2019年に公開された『ファー・フロム・ホーム』の興行収入から新作『ノー・ウェイ・ホーム』はの興収を予想していきます。

 

これまでのスパイダーマンの興行収入は以下の通りでした。

タイトル初週興収累計興収
ホームカミング7.7億円
初日3日間
28億円
ファー・フロム・ホーム10.9億円
初日3日間
30.6億円

『ホームカミング』初日3日間の興行収入は7.7億円、累計はその3.6倍にあたる28億円。『ファー・フロム・ホーム』初日3日間は10.9億円、累計はその2.8倍にあたる30.6億円でした。

初日3日間でこれだけの数字を稼げる作品はかなり少ないので、やはりシリーズを追ってきた人を中心に鑑賞していると推測できますね。

 

『ノー・ウェイ・ホーム』もこれまでと同じように、初日3日間の成績の3〜4倍くらいが累計になるのではないかと考えられます。

今回はシリーズ完結編なので、最終回需要のようなものを鑑みれば『ファー・フロム・ホーム』の30.6億円を超えてシリーズ最高の数字になる可能性もあるのではないかと個人的には思っています。

 

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が同時に上映していることと、5月に『ドクター・ストレンジ』の続編が米国で公開される予定なので、この辺を絡めたプロモーションがあればさらに高い興収を狙えそうですね。

(『ドクター・ストレンジ』続編もおそらく米国公開からそう遠くないうちに公開されると思うので、新情報解禁もそろそろなのかなと邪推しています)

 

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の最終興行収入は初週の3〜4倍くらい、30億円超えを目指せるのではないかと予想しました。

初週の数字が発表されたら詳しく予想できるので、情報が入り次第更新します。

 

スポンサーリンク

 

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を観る前に!予習復習しておきたいおすすめ作品

シリーズ1作目
スパイダーマン:ホームカミング
原題:Spider-Man: Homecoming
2017年/133分/28億円
シリーズ2作目
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

原題:Spider-Man: Far From Home
2019年/135分/30.6億円
ノー・ウェイ・ホーム出演
ドクター・ストレンジ
原題:Doctor Strange
2017年/115分/18.7億円
ヴェノム
原題:Venom
2018年/112分/22.5億円
画像出典:U-NEXT

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』鑑賞前に特におすすめしたい作品は上記の通りです。

過去シリーズの復習はもちろん、ドクター・ストレンジが出演することも明らかになっているので、事前に鑑賞することでより『ノー・ウェイ・ホーム』を楽しめるでしょう。

また、たびたび合流の噂が囁かれている『ヴェノム』も2021年12月3日から新作『レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が公開となります。この機会にぜひ一緒に視聴してみてくださいね。

 

それぞれのU-NEXT配信状況は以下の通りです。

  • ホームカミング:無料見放題
  • ファー・フロム・ホーム:199ポイント
  • ドクター・ストレンジ:199ポイント
  • ヴェノム:無料見放題

無料登録で600ポイントもらえるので、4作品とも実質無料で視聴できます。

▼おすすめはU-NEXT▼

本日から1月08日まで無料!

※無料体験中に解約で月額無料!

 

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』について

原題Spider-Man: No Way Home
監督ジョン・ワッツ
キャストトム・ホランド(スパイダーマン/ピーター・パーカー)
ゼンデイヤ(ミシェル・ジョーンズ(MJ))
ベネディクト・カンバーバッチ(スティーヴン・ストレンジ / ドクター・ストレンジ)
ジェイコブ・バタロン(ネッド・リーズ)
ジョン・ファブロー(ハロルド・“ハッピー”・ホーガン)
マリサ・トメイ(メイ・パーカー)
ベネディクト・ウォン(ウォン)
ウィレム・デフォー(ノーマン・オズボーン / グリーン・ゴブリン)
ジェイミー・フォックス(マックス・ディロン / エレクトロ)
アルフレッド・モリーナ(オットー・オクタビアス / ドクター・オクトパス)
トニー・レヴォロリ(ユージーン・“フラッシュ”・トンプソン)
アンガーリー・ライス(ベティ・ブラント)
J・B・スムーヴ(ジュリアス・デル)
J・K・シモンズ(J・ジョナ・ジェイムソン)
吹替声優榎木淳弥(スパイダーマン/ピーター・パーカー)
主題歌SixTONES「Rosy」
公開日2022年1月7日(金)
上映時間
製作国アメリカ
配給ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

スポンサーリンク

 

 

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
関連記事
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
無料視聴できる動画配信サービス
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
いつまで上映する?
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
DVD発売日と予約開始日はいつ?
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
ムビチケ前売り券情報
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
試写会と舞台挨拶ライブビューイング情報
画像出典:U-NEXT

 

>>スパイダーマン

>>興行収入

タイトルとURLをコピーしました