動画配信開始!
【ハニーレモンソーダ】
【キャラクター】

こちらから無料で視聴する

映画『ノイズ』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

映画『ノイズ』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

2022年1月28日(金)公開の映画『ノイズ』の興行収入と観客動員数の推移、最終興収の予想をまとめた記事です。

 

筒井哲也の同名コミックを『デスノート』で共演した藤原竜也と松山ケンイチのW主演で実写化したサスペンス映画。神木隆之介、渡辺大知、黒木華などが共演した本作。

 

映画の人気度を図る指標ともなる興行収入。

鬼滅の刃』の大ヒットがきっかけで興行収入を気にする人も増えてきました。

 

そこで当サイトでは、各作品ごとに興行収入と観客動員数、最終興収の予想を書くことにしました。

本記事は毎週更新していきますので、興味がある方はブックマークしてくださいね。

 

 

この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトを経験後、社員マネージャーとして勤務。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。
姉妹サイト『ドラマ予報』『アニメ予報』運営者。

フォローする
スポンサーリンク

映画『ノイズ』の興行収入・観客動員数の推移

公開日数ランキング興行収入観客動員数
公開3日間
1月30日まで
※毎週火曜日に更新予定です
※数字が不明なところは空欄になります
※発表がなくなり次第、更新終了します

 

スポンサーリンク

 

映画『ノイズ』の最終興行収入を予想!

元映画館社員の私が、興行収入は最終的にどこまで伸びるか予想します。

興行収入を予想するには、藤原竜也が出演する小説・漫画原作のサスペンス映画の興収と比較すればヒントが見えてくるでしょう。

これに該当する直近5作品の興行収入は以下の通りです。

タイトル初週興収累計興収
22年目の告白 私が殺人犯です
公開年:2017年
配給:ワーナーブラザース
3.2億円
初日2日間
24.1億円
Diner ダイナー
公開年:2019年
配給:ワーナーブラザース
2.5億円
初日3日間
12.4億円
カイジ ファイナルゲーム
公開年:2019年
配給:東宝
6.1億円
初日4日間
20.6億円
太陽は動かない
公開年:2021年
配給:ワーナーブラザース
1.4億円
初日3日間
4.1億円
24日間
鳩の撃退法
公開年:2021年
配給:松竹
1.1億円
初日3日間
3.8億円
25日間

上記を参考に『ノイズ』の興行収入はどれくらいになるのか。

結論から言えば、10億円いけばいい方かなと予想しています。

 

映画がヒットするか予想するには、配給会社がどこかを確認することが重要です。大手であるほど作品選定が厳しくなりやすいうえに、多くの予算を使ってプロモーションできますからね。

『ノイズ』はワーナー・ブラザース配給の映画。近年『東京リベンジャーズ』『るろうに剣心』など、多くのヒット作品を輩出していることでも有名です。

上記作品では『22年目の告白』『Diner ダイナー』『太陽は動かない』がワーナー配給ですね。

 

『22年目の告白』は興行収入24.1億円を記録。評判が良かったことに加え、公開当時は競合作品がそれほど多くなかったことがヒットの要因かなと考えられます。

『Diner ダイナー』は興行収入12.4億円を記録。色彩鮮やかな美術と狂気じみた予告編やビジュアルに惹かれた人が多かったのかなと推察しています。

『太陽は動かない』は興行収入4.1億円(公開24日間)。コロナ禍での上映となったことが厳しい成績の要因かなと思います。普通に上映できていれば5億円を超えていた可能性もありそうでした。

 

ここまでのキーワードをまとめると以下のようになります。

  • 競合作品
  • 予告・ビジュアル
  • コロナ禍

これらの要素を踏まえて『ノイズ』の興行収入・観客動員数はどうなっていくのか。

公開日は1月28日(金)。この時期で競合になり得る作品は『コンフィデンスマンJP 英雄編』『真夜中乙女戦争』『前科者』『大怪獣のあとしまつ』などが挙げられそうです。

予告編やビジュアルを観る限り、主観では「おっ」と思う点が少なく感じます。ここが若干懸念ポイントですね。

コロナ禍の影響は未だに少なからず受けているとは思うものの、『太陽は動かない』公開時の2021年3月と比較すれば落ち着いているでしょう。

 

それ以外の点として、原作とキャストにも触れておきましょう。

『ノイズ』の原作は全3巻のコミックスですが、カイジやダイナーと比較したら巻数が少なく、知名度も劣るのではないかと考えられます。

キャストは藤原竜也と松山ケンイチのデスノートコンビが再共演、神木隆之介、黒木華などの人気俳優が出演することもあり、それなりに注目されてもいいかと思います。

 

これらを鑑みると、ひとたび話題になれば10億円を超える可能性はありそうですが、現在のところそのような雰囲気はあまり感じないのが正直なところですね。

 

『ノイズ』の最終興行収入は10億円いけばいい方かなと思います。

※この予想は11月10日に立てたものです。今後更新する可能性もありますのでご了承ください。

 

スポンサーリンク

 

映画『ノイズ』について

公開日2022年1月28日(金)
監督廣木隆一
原作筒井哲也
キャスト藤原竜也(泉圭太)
松山ケンイチ(田辺純)
神木隆之介(守屋真一郎)
黒木華(泉加奈)
伊藤歩(青木千尋)
渡辺大知(小御坂睦雄)
酒向芳(横田昭一)
迫田孝也(野毛二郎)
鶴田真由(守屋仁美)
菜 葉 菜
波岡一喜(酒井義昭)
寺島進(岡崎正)
余貴美子(庄司華江)
柄本明(横田庄吉)
永瀬正敏(畠山努)
主題歌
上映時間
製作国日本
配給ワーナー・ブラザース

 

スポンサーリンク

 

 


関連記事

 

おすすめ関連作品

 

>>ノイズ

>>興行収入

タイトルとURLをコピーしました