【るろうに剣心 最終章 The Final】動画配信開始!

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

2021年10月22日公開の映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の興行収入と観客動員数の推移、最終興収の予想をまとめた記事です。

 

友達が欲しい少年と不良品の最新式ロボットが“本当の友情”を探して繰り広げる冒険を描いた長編アニメーション作品。

興行収入91億円を超えた大ヒット映画『ベイマックス』の声優がナレーションを務めています。

 

映画の人気度を図る指標ともなる興行収入。

鬼滅の刃』の大ヒットがきっかけで興行収入を気にする人も増えてきました。

 

そこで当サイトでは、各作品ごとに興行収入と観客動員数、最終興収の予想を書くことにしました。

本記事は毎週更新していきますので、興味がある方はブックマークしてくださいね。

 

この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトを経験後、社員マネージャーとして勤務。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。
姉妹サイト『ドラマ予報』『アニメ予報』運営者。

フォローする
スポンサーリンク

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の興行収入・観客動員数の推移

公開日数ランキング興行収入観客動員数
公開3日間
10月24日まで
※毎週火曜日に更新予定です
※数字が不明なところは空欄になります
※発表がなくなり次第、更新終了します

 

スポンサーリンク

 

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の最終興行収入を予想!

元映画館社員の私が、興行収入は最終的にどこまで伸びるか予想します。

 

『ロン 僕のポンコツ・ボット』は20世紀スタジオ(ディズニー)配給のアニメーション映画。

予告編を観ると『ベイマックス』『ウォーリー』などのディズニー・ピクサー作品を彷彿とさせる雰囲気があります(ロンはベイマックスの声優がナレーションを務めています)。

この手の作品は非常にウケがいいので、認知度が上がればそれなりの動員を見込めると思います。

 

しかし『ロン』は積極的に宣伝されている様子がありません。ここが懸念ポイントですね。

6月22日に公開されたティザー予告は、8月24日時点で1万回ほどしか再生されていません。公開2ヶ月で1万再生は非常に少ないですね。

興行収入の行方はこれからの宣伝、公開後の口コミ次第にはなりますが、少なくとも8月時点ではかなり怪しい興行になりそうな予感がします。

 

未知数なところが多い作品なので、具体的に興行収入を予想するのは難しいですが、ちゃんと宣伝すれば15億円くらい目指せるポテンシャルはありそうです。

これからの宣伝、公開後の口コミに期待したいところです。

 

スポンサーリンク

 

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』について

原題Ron’s Gone Wrong
監督ジャン=フィリップ・バイン
サラ・スミス
キャストザック・ガリフィアナキス
ジャック・ディラン・グレイザー
オリヴィア・コールマン
エド・ヘルムズ
ジャスティス・スミス
ロブ・ディレイニー
カイリー・キャントラル
リカルド・ウルタド
マーカス・スクリブナー
トーマス・バルブスカ
主題歌リアム・ペイン「Sunshine」
公開日2021年10月22日(金)
上映時間
配給ディズニー

 

スポンサーリンク

 


関連記事

 

>>ロン 僕のポンコツ・ボット

>>興行収入

タイトルとURLをコピーしました