【るろうに剣心 最終章 The Final】動画配信開始!

映画『すみっコぐらし2021』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想【⻘い月夜のまほうのコ】

映画『すみっコぐらし2021』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想【⻘い月夜のまほうのコ】

2021年11月5日(金)公開の映画『すみっコぐらし ⻘い月夜のまほうのコ』の興行収入と観客動員数の推移、最終興収の予想をまとめた記事です。

 

2019年に興行収入14.5億円の大ヒットとなった映画『とびだす絵本とひみつのコ』に続く劇場版第2弾となる本作。

夏目友人帳』の大森貴弘監督、脚本は『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の吉田玲子がタッグを組んで制作されています

 

映画の人気度を図る指標ともなる興行収入。

鬼滅の刃』の大ヒットがきっかけで興行収入を気にする人も増えてきました。

 

そこで当サイトでは、各作品ごとに興行収入と観客動員数、最終興収の予想を書くことにしました。

本記事は毎週更新していきますので、興味がある方はブックマークしてくださいね。

 

この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトを経験後、社員マネージャーとして勤務。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。
姉妹サイト『ドラマ予報』『アニメ予報』運営者。

フォローする
スポンサーリンク

映画『すみっコぐらし ⻘い月夜のまほうのコ』の興行収入・観客動員数の推移

公開日数ランキング興行収入観客動員数
※毎週火曜日に更新予定です
※数字が不明なところは空欄になります
※発表がなくなり次第、更新終了します

 

スポンサーリンク

 

映画『すみっコぐらし ⻘い月夜のまほうのコ』の最終興行収入を予想!

元映画館社員の私が、興行収入は最終的にどこまで伸びるか予想します。

興行収入を予想するには、過去に上映された類似作品の興収と比較すればおおよそ見当がつきます。

 

『すみっコぐらし』は2019年に第1弾の映画『とびだす絵本とひみつのコ』が公開されました。

今回は、前作映画『とびだす絵本とひみつのコ』の興行収入と比較しながら『⻘い月夜のまほうのコ』の興収を予想していきます。

 

2019年映画『とびだす絵本とひみつのコ』の累計興行収入は14.5億円でした。

今回の映画は14億円に届くかどうかが一つのポイントになりそうですね。

 

前回の映画は口コミが非常によかったことで話題になり、興行収入14.5億円という数字に結びついた経緯があります。

その評判の良さが理由なのか『すみっコぐらし』を全く知らない人も映画館に足を運んでいました。

しかし今回は「前作の評判が良かったから観に行きたい」という期待を持っている人も一定数いると思います。

そこが前作と違うところですかね。

 

今回の映画の興行収入は、評判によって大きく左右されそうな気がします。

前作の興行収入を考えれば、個人的には今回も10億円を超える可能性はあると考えています。しかし評判が悪ければ10億円を下回るかもしれません。

 

『すみっコぐらし ⻘い月夜のまほうのコ』の最終興行収入は10億円に届けばいい方ではないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

映画『すみっコぐらし ⻘い月夜のまほうのコ』について

監督大森貴弘
脚本吉田玲子
原作サンエックス
公開日2021年11月5日(金)
上映時間
制作国日本
配給アスミック・エース

 

スポンサーリンク

 


関連記事

 

>>すみっコぐらし

>>興行収入

タイトルとURLをコピーしました