【花束みたいな恋をした】動画配信開始!

映画『東京リベンジャーズ』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

映画『東京リベンジャーズ』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

7月9日(金)公開の映画『東京リベンジャーズ』の興行収入と観客動員数の推移、最終興収の予想をまとめた記事です。

和久井健の同名人気コミックを北村匠海主演、山田裕貴、杉野遥亮、吉沢亮などの旬な若手俳優が共演、『ビリギャル』『賭ケグルイ』などの英勉監督を迎えて実写映画化。

 

映画の人気度を図る指標ともなる興行収入。

鬼滅の刃』の大ヒットがきっかけで興行収入を気にする人も増えてきました。

 

そこで当サイトでは、各作品ごとに興行収入と観客動員数、最終興収の予想を書くことにしました。

本記事は毎週更新していきますので、興味がある方はブックマークしてくださいね。

 

 

この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトを経験後、社員マネージャーとして勤務。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。
姉妹サイト『ドラマ予報』運営者。

フォローする
スポンサーリンク

映画『東京リベンジャーズ』の興行収入・観客動員数の推移

公開日数ランキング興行収入観客動員数
公開3日間
(7月11日まで)
第1位6億9643万4440円51万1145人
公開10日間
(7月18日まで)
第2位15億303万7850円110万7238人
公開17日間
(7月25日まで)
第2位22億5986万1460円166万8329人
※毎週火曜日に更新予定です
※数字が不明なところは空欄になります
※発表がなくなり次第、更新終了します

 

映画『東京リベンジャーズ』はいつまで上映する?元映画館社員が東リベの上映期間を予想
7月9日(金)公開の映画『東京リベンジャーズ』はいつまで上映するのか予想した記事です。 和久井健の同名人気コミックを北村匠海主演、山田裕貴、杉野遥亮、吉沢亮などの旬な若手俳優が共演、『ビリギャル』『賭ケグルイ』などの英勉監督を迎えて実...

 

スポンサーリンク

 

映画『東京リベンジャーズ』の最終興行収入を予想!

元映画館社員の私が、興行収入は最終的にどこまで伸びるか予想します。

興行収入を予想するには、類似作品の第一週目と累計興行収入が分かればおおよそ予想できます。

今回は2015年に公開された綾野剛主演の映画『新宿スワン』と比較していきます。

  • 初週:2.5億円
  • 累計:13.3億円

『新宿スワン』の興行収入は以上の通りでした。

 

累計興収に初週の数字を割ります。

13.3億 ÷ 2.5億 = 5.3

この数式から、最終興収は初週の5.3倍だったことがわかります。

 

7/9公開『東京リベンジャーズ』は、
累計興行収入は初週の数字に5.3倍を掛ければ分かる
ということになります。

 

7/12更新

初週の興行収入は約7億円とのことでした。

上記で出した5.3倍を掛けると37.1億円。
最終興行収入は35〜40億円ほどになるかなと予想しました。

※あくまで目安です。

 

 

スポンサーリンク

 


関連記事

 

>>東京リベンジャーズ

>>興行収入

タイトルとURLをコピーしました