!大ヒット確実!
【THE FIRST SLAM DUNK】
料金を割引できるお得なサービス>>

バッドガイズ|映画の興行収入と観客動員数の推移と予想まとめ

映画『バッドガイズ』日本版吹替予告 10月7日(金)全国ロードショー

10月7日(金)公開の映画『バッドガイズ』

  • 興行収入の推移
  • 観客動員数の推移
  • 週末動員ランキングの推移
  • 最終興収の予想

をまとめた記事です。

 

いま注目されている映画を知るための指標ともなる興行収入

鬼滅の刃』『呪術廻戦0』などの大ヒットで注目されるようになりましたね。

そこで本記事では、
映画『バッドガイズ』の興行収入・観客動員数・週末動員ランキングの推移、最終興収の予想をまとめました。

 

この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトスタッフ、正社員マネージャーを経験。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。

フォローする
スポンサーリンク

バッドガイズ|映画の興行収入・観客動員数・週末動員ランキングの推移

公開日数興行収入観客動員数ランキング
4日間
10/10まで
1.4億円11.3万人5位
10日間
10/17まで
2.1億円17.5万人8位
17日間
10/23まで
2.7億円22.3万人9位
24日間
10/30まで
3.1億円25.2万人圏外
31日間
11/6まで
3.4億円27.9万人圏外

 

▼ブルーレイDVD予約開始▼

バッドガイズ ブルーレイ+DVD [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

 

▼動画配信はこちら▼

バッドガイズ|映画の動画配信を実質無料でフル視聴できるサブスクまとめ
映画『バッドガイズ』の動画配信を実質無料でフル視聴できるサブスク動画配信サービスを紹介します。 動画配信しているVODはある? 動画配信はいつからどこで始まる? おすすめの動画配信サービスは? こ...

 

スポンサーリンク

 

バッドガイズ|最終興行収入を予想!

最終興行収入を予想!

10/12更新

初日4日間の興行収入は1.4億円

このペースでいけば、
最終5億円くらいになるのかなと予想しています。

当サイトの公開前予想は『5〜7億円くらい』としてましたが、初週の成績を見る限り、最終5億円に届くかどうかといった具合だと思います。

海外ではヒットしていることと、ドリームワークスのブランドがあるので個人的には期待していましたが、日本では厳しい興行になりそうな予感です。

また動きがありましたら更新します。

 

スポンサーリンク

 

ここから先は公開前に書いた予想です。


映画『バッドガイズ』の最終興行収入はどれくらいになるのか。

これを予想するために、今回はドリームワークス製作という共通点がある『ボス・ベイビー』の興行と比較しながら予想していきます。

 

アメリカ・カナダと日本の興行収入を比較

まずは『バッドガイズ』『ボス・ベイビー』のアメリカ・カナダと日本の興行収入を比較してみます。

タイトルアメリカ・カナダ
興行収入
日本
興行収入
ボス・ベイビー
2017年
$175,003,03334.4億円
ボス・ベイビー2
2021年
$57,300,2809.7億円
バッドガイズ
2022年
$96,713,440

アメリカ・カナダの興行収入は『ボス・ベイビー > バッドガイズ > ボス・ベイビー2』の順番となっています。

『バッドガイズ』は海外だとそれなりに注目されているようですね。

 

『ボス・ベイビー』1作目と2作目の興行差分

アメリカ:175,0 ÷ 57,3 = 3.05

日本:34.4 ÷ 9.7 = 3.54

『ボス・ベイビー』1作目と2作目の興行差分はアメリカが約3倍。日本は約3.5倍。若干差はあるものの、極端に開いているわけでもないでしょう。

このように、海外アニメーション映画の興行は日本とアメリカで似通いやすい傾向があります。

『ミニオンズ』『SING/シング』『ペット』などのイルミネーション製作映画でも、日本とアメリカの興行は比較的近くなっていますからね。(詳しくは『ミニオンズ フィーバー』の興行収入を予想した記事に書いてます)

 

『バッドガイズ』『ボス・ベイビー2』の興行差分

アメリカ:96,7 ÷ 57,3 = 1.68

『バッドガイズ』『ボス・ベイビー2』の興行差分は約1.7倍

『ボス・ベイビー2』の日本興行収入は9.7億円。この数字に1.7を掛けると『バッドガイズ』の日本興行収入は16.5億円くらいという推測ができます。(あくまでアメリカの興行通りになけばという想定)

もう少し幅を取って1.5〜2倍で計算すると、14.5〜19.4億円という計算になります。

もちろんアメリカ・カナダと同じような興行になるとは限りませんが、あくまで同じようにいくと想定したら14〜19億円くらいになる可能性があると考えられそうです。

では『バッドガイズ』は日本でこれほどの興行収入を本当に稼げるのか。

今度は日本での話題性を見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

予告編から見た注目度

ここからはちょっと視点を変えて、
予告編の再生回数いいね数に注目してみます。

タイトル再生回数いいね数
ボス・ベイビー
日本語版予告編
512万回12,000
ボス・ベイビー2
本予告
276万回1,221
バッドガイズ
日本版吹替予告
147万回271
10/6時点

大前提として『ボス・ベイビー1,2』は初公開からかなり時間が経っているのに対し『バッドガイズ』はまだ公開前という状態です。

『バッドガイズ』の再生回数147万回。公開後さらに伸びることを想定しても『ボス・ベイビー2』ほど再生されるかは現状読めないところです。

予告編の再生回数を見る限りでは『ボス・ベイビー2』ほどヒットするか微妙なラインと言えそうです。

※再生数はやろうと思えば無理やり稼げてしまうので、この数字を信用しすぎるのは良くないでしょう。

 

そこで次に気になるのが”いいね数“。

いいねとコメントをするにはユーザーの意思が必須です。つまり、ユーザーの反応を知るには”いいね数”と”コメント数”に注目した方が適切なのかなと思います。

『バッドガイズ』のいいね数は10/6時点で271個。再生数の割には低すぎる気がしますね。

(コメントはオフになっているため集計不能)

この辺を考えると、日本でヒットするかはかなり怪しい予感がしています。

 

Filmarksから見た注目度

次は映画レビューサイト・Filmarksでの注目度を見てみます。(筆者も本作の興行予想がよく分からなくなってきました…)

Filmarksのclip数は約3,900個。(10/6時点)

映画好きのユーザーが多いサイトなので、こちらでの注目度は偏ることもありますが、それでも公開規模の大きさを考えたら少ない印象を受けます。

やはり、日本での興行は難しいものがあるのかなと感じてしまいますね…

 

『ボス・ベイビー2』より厳しい興行になりそう?

『ボス・ベイビー2』は1作目が大ヒットしたから伸びたという見方もできると思うので、それに対し『バッドガイズ』は前作があるわけでもないので、”ドリームワークス製作”という面を推していかないと集客に苦戦する恐れもあるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

『バッドガイズ』の興行収入はどうなるのか。

  • アメリカ・カナダでは『ボス・ベイビー2』よりヒットした
  • アメリカでのヒット指数を日本に当てはめると14〜19億円想定になる
  • 日本の予告編再生数は多いが、いいね数が少ない
  • Filmarksのclip数は少なめ

海外でヒットしていることは加点したいのですが、日本での注目度を見るとやや懸念してしまいますね。作品の認知がそれほど広まっていない印象を受けます。

これらの点を考えれば、
個人的には5〜7億円くらいになるのかなと予想しています。

正直、公開してみないと分からないところが多い作品ですね。

公開前の時点ではこのように無理やり予想することしかできませんが、初週の興行収入が発表されたらもう少し詳しく予想できると思います。

詳しく予想はまた後日更新します。

 

スポンサーリンク

 

バッドガイズ|映画情報

映画『バッドガイズ』日本版吹替予告 10月7日(金)全国ロードショー

あらすじ

「ワルをやるなら思いきり」を合言葉に、次々とハデな盗みを成功させてきた怪盗集団<バッドガイズ>。“天才的スリ”にしてカリスマ的リーダーのウルフが率いるのは、“金庫破り”のスネーク、“変装の達人”シャーク、“肉体派”ピラニア、そして“天才ハッカーの毒舌ガール”タランチュラだ。お尋ね者の5人組が次に狙うのは、名立たる強盗たちも奪えなかった伝説のお宝《黄金のイルカ》。
しかし、あと一歩のところで大失敗…逮捕されてしまう!彼らは街の名士マーマレード教授の更生プログラムを受けることになるも、ノったフリしてウラをかき、史上最大の犯罪をもくろむ。しかし彼らの知らないところで、さらなる巨悪が密かに動き始めていた――。
引用『バッドガイズ』公式HP

 

声優キャスト

サム・ロックウェル(ミスター・ウルフ)
マーク・マロン(スネーク)
クレイグ・ロビンソン(シャーク)
アンソニー・ラモス(ピラニア)
オークワフィナ(タランチュラ)
リチャード・アイオアディ(マーマレード教授)
ザジー・ビーツ(ダイアン・フォクシントン)
リリー・シン(ティファニー)
アレックス・ボースタイン(署長)

日本語吹替声優

尾上松也(ミスター・ウルフ)
長田庄平(シャーク)
ファーストサマーウイカ(タランチュラ)
安田顕(スネーク)
河合郁人(ピラニア)
甲斐田裕子(ダイアン・フォクシントン)
山口勝平(マーマレード教授)
斉藤貴美子(署長)
高橋真麻(ティファニー)

 

スタッフ

監督:ピエール・ペリフェル
製作:デイモン・ロス、レベッカ・ハンフリー
製作総指揮・原作:アーロン・ブレイビー
製作総指揮・脚本:イータン・コーエン

 

公開日

2022年10月7日(金)

 

上映時間

100分

 

配給

東宝東和、ギャガ

 

公式リンク

HPTwitterInstagram

 

【バッドガイズ】

900円で観られる!

一般:1,900円→900
大学生:
1,500円→900
特別料金作品除く・IMAX、4DXなどは追加料金あり

映画代を最大1,000円節約

 

バッドガイズ|関連記事

バッドガイズ|映画の動画配信を実質無料でフル視聴できるサブスクまとめ
バッドガイズ|映画はいつまで上映するのか元映画館社員が公開期間を予想!
バッドガイズ|映画の興行収入と観客動員数の推移と予想まとめ

 

その他映画の興行収入予想

THE FIRST SLAM DUNK スラムダンク|2022年映画の興行収入と観客動員数の推移と予想まとめ
すずめの戸締まり|興行収入と観客動員数の推移と予想まとめ
月の満ち欠け|映画の興行収入と観客動員数の推移と予想まとめ
沈黙のパレード ガリレオ3|2022年映画の興行収入と観客動員数の推移と予想まとめ
母性|映画の興行収入と観客動員数の推移と予想まとめ

もっと見る

 

タイトルとURLをコピーしました