興行収入62.6億円突破!
【すずめの戸締まり】
料金を割引できるお得なサービス>>

映画『DUNE デューン 砂の惑星』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

2021年10月15日公開の映画『DUNE/デューン 砂の惑星』の興行収入と観客動員数の推移、最終興収の予想をまとめた記事です。

 

『DUNE デューン 砂の惑星』はフランク・ハーバートの名作SF小説『デューン』を実写映画化した作品。

監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ。『メッセージ』『ブレードランナー2049』などで話題になり、批評家や映画好きから絶大な支持を集めている監督です。

主演はティモシー・シャラメ。『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞主演男優賞をノミネートしたことを皮切りにスターダムを駆け上がった人気俳優。

共演はレベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ゼンデイヤ、ジェイソン・モモアなど、とても豪華な俳優陣が出演しています。

 

映画の人気度を図る指標ともなる興行収入。

鬼滅の刃』の大ヒットがきっかけで興行収入を気にする人も増えてきました。

 

そこで当サイトでは、各作品ごとに興行収入と観客動員数、最終興収の予想を書くことにしました。

本記事は毎週更新していきますので、興味がある方はブックマークしてくださいね。

 

 

この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトスタッフ、正社員マネージャーを経験。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。

フォローする
スポンサーリンク

映画『DUNE デューン 砂の惑星』の興行収入・観客動員数の推移

公開日数ランキング興行収入観客動員数
公開3日間
10月17日まで
第5位2億385万4150円12万7879人
公開10日間
10月24日まで
第7位4億1790万6750円26万5260人
公開17日間
10月31日まで
第10位5億6174万2460円35万9218人
公開24日間
11月7日まで
圏外6億6062万4680円42万544人
公開31日間
11月14日まで
圏外7億229万8650円44万7284人
公開38日間
11月21日まで
圏外7億2989万2950円46万4882人
公開45日間
11月28日まで
圏外7億5206万2960円47万8362人
公開52日間
12月5日まで
圏外7億5961万8650円48万2821人
公開59日間
12月12日まで
圏外7億6145万6490円48万3970人
※毎週火曜日に更新予定です
※数字が不明なところは空欄になります
※発表がなくなり次第、更新終了します

 

▼動画配信はこちら▼

映画『DUNE デューン 砂の惑星』を無料視聴できるおすすめ動画配信サービス
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』を無料で観たい! せっかくなら「自分に合った動画配信サービス」を使いたい! このような願望を実現させます。 本記事...

 

スポンサーリンク

 

映画『DUNE デューン 砂の惑星』の最終興行収入を予想!

元映画館社員の私が、興行収入は最終的にどこまで伸びるか予想します。

 

『DUNE/デューン 砂の惑星』の興行で注目できるポイントは以下の通りです。

  • 海外の興行収入は2週間で7,650万ドル
  • 予告編の再生回数は440万回突破
  • ワーナー・ブラザースが配給

 

少し長くなるので、結論だけ知りたい方はこちらからご覧ください(該当の箇所まで飛びます)

 

海外の興行収入は2週間で7,650万ドル

『DUNE/デューン 砂の惑星』の海外興行収入は2週間で累計7,650万ドルでした。

ドゥニ・ヴィルヌーブ監督の前作映画『ブレードランナー2049』比で173%、2020年に大ヒットしたクリストファー・ノーラン監督の映画『TENET テネット』比で112%とのことです。

『ブレードランナー2049』の日本興行収入は12億円、『TENET テネット』は27.3億円だったことを考えると、『デューン』は日本でもそれなりの興行収入になると期待できそうですね。

 

しかし海外でヒットしたからといって、日本でもヒットするとは限りません。

日本での需要を知るには、予告編の再生回数が参考になるでしょう。

 

予告編の再生回数は440万回突破

『DUNE/デューン 砂の惑星』で最も再生されている予告編3つの再生回数は累計440万回となっています(10月9日時点)。

『ブレードランナー2049』の再生回数より多く、『TENET テネット』より少ないですね。

デューンテネットブレラン
D*:US予告1
T*:予告
B*:日本版予告
179万213万40万
D:US版本予告
T:本予告
B:予告2
205万253万155万
D:日本版予告
T:レジェンド予告
B:予告3
56万156万58万
累計440万622万253万
10月9日時点
*D:DUNE、T:TENET、B:ブレードランナー2049

海外興行収入だけを見れば『ブレラン2049』『テネット』よりもヒットを見込める数字でしたが、予告編再生回数を見ると日本での需要はブレラン以上テネット以下と言えそうですね。

『ブレラン2049』の日本興行収入は12億円、『テネット』は27.3億円。

『デューン』の興行収入は12〜27億円の間になる可能性が考えられますね。

 

初週の数字が分かれば、さらに具体的な数字を予想できます。

テネットブレラン
T*:初日3日間
B*:初日5日間
7.5億円3億円
累計27.3億円12億円
T:TENET、B:ブレードランナー2049

『ブレラン2049』『テネット』ともに初週の約4倍が累計興行収入になっていました。

洋画の興行収入は大体3〜5倍ほどの推移になることが多いので、
『デューン』の累計興行収入は初週の4倍くらいになる可能性があるということですね。

 

ワーナー・ブラザースが配給

ワーナー・ブラザースはここ数年でかなり力をつけている配給会社です。

最近の映画では『るろうに剣心』『東京リベンジャーズ』などの大ヒット映画を配給。今後『マトリックス:レザレクション』など注目洋画の公開も控えています。

 

『デューン』はワーナー・ブラザースの宣伝もあり、予告編の再生回数は累計400万回を超えたほか、IMAXのプロモーションにも積極的です。

少しコアな話をすると、『デューン』はIMAXカメラを使って撮影された作品です。IMAXシアターでは通常のスクリーンよりも大きな画角で鑑賞できます。特に池袋の『グランドシネマサンシャイン』と大阪の『109シネマズ大阪エキスポシティ』ではフル画角で鑑賞できるので、興味がある方は調べてみてください。

 

ワーナー・ブラザースは『デューン』の宣伝にかなり積極的な印象を受けるので、公開後いい評判が集まれば大ヒット間違いなしと言えるでしょう。

 

本記事のまとめ

ここまでをまとめます。

  • 海外興行収入は『ブレラン2049、テネット』以上を記録
  • 予告編の再生回数は440万回を突破
  • 最終興行収入は初週の4倍くらい?
  • ワーナー・ブラザースが配給

 

ドゥニ・ヴィルヌーブ監督の前作映画『ブレードランナー2049』は12億円を記録していたので、さらに注目度の高い『デューン』は15億円を超えるポテンシャルはあると思います。

『TENET テネット』の27億円を超えるかは微妙なところですが、今後の話題性次第では可能性ゼロではないでしょう。

 

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』の最終興行収入は15〜25億円くらいになると予想しました。

 

 

10/19追記

初日3日間の興行収入は2.3億円でした。

先ほど”初週の約4倍が累計興行収入になる可能性がある”と書いたように、2.3億円に4倍を掛けると9.2億円。

現時点では10億円を目指せる位置にあると思います。

 

本記事での最終予想・15億円まではあと6.5倍が必要となります。結構難しそうですが、今後の話題性次第では不可能ではないと思います。

賛否両論ありつつも絶賛の声が目立ちますし、ワーナー・ブラザースは『世界で大ヒット中』という切り口から宣伝しているので、そこに期待したいですね。

 

スポンサーリンク

 

映画『DUNE デューン 砂の惑星』について

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』日本版本予告 2021年10月15日(金)全国公開

原題Dune
監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作フランク・ハーバート
キャストティモシー・シャラメ
レベッカ・ファーガソン
オスカー・アイザック
ジョシュ・ブローリン
ゼンデイヤ
ジェイソン・モモア
ハビエル・バルデム
公開日2021年10月15日(金)
上映時間155分
配給ワーナー・ブラザース映画

 

 

▼動画配信はこちら▼

映画『DUNE デューン 砂の惑星』を無料視聴できるおすすめ動画配信サービス
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』を無料で観たい! せっかくなら「自分に合った動画配信サービス」を使いたい! このような願望を実現させます。 本記事...

 

スポンサーリンク

 


関連記事

 

>>DUNE/砂の惑星

>>興行収入

タイトルとURLをコピーしました