【るろうに剣心 最終章 The Final】動画配信開始!

映画『DUNE 砂の惑星』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

映画『DUNE デューン 砂の惑星』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

2021年10月15日公開の映画『DUNE 砂の惑星』の興行収入と観客動員数の推移、最終興収の予想をまとめた記事です。

 

かつてデビッド・リンチ監督によって映画化されたフランク・ハーバートのSF小説を、「ブレードランナー2049」「メッセージ」のドゥニ・ビルヌーブ監督が新たに映画化。

主演は『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメ、共演は『スパイダーマン』シリーズのゼンデイヤ、『アクアマン』のジェイソン・モモアなど、豪華キャストが集結しています。

 

映画の人気度を図る指標ともなる興行収入。

鬼滅の刃』の大ヒットがきっかけで興行収入を気にする人も増えてきました。

 

そこで当サイトでは、各作品ごとに興行収入と観客動員数、最終興収の予想を書くことにしました。

本記事は毎週更新していきますので、興味がある方はブックマークしてくださいね。

 

この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトを経験後、社員マネージャーとして勤務。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。
姉妹サイト『ドラマ予報』『アニメ予報』運営者。

フォローする
スポンサーリンク

映画『DUNE 砂の惑星』の興行収入・観客動員数の推移

公開日数ランキング興行収入観客動員数
公開3日間
10月17日まで
※毎週火曜日に更新予定です
※数字が不明なところは空欄になります
※発表がなくなり次第、更新終了します

 

映画『DUNE 砂の惑星』はいつまで上映する?元映画館社員が公開期間を予想
2021年10月15日(金)公開の映画『DUNE 砂の惑星』はいつまで上映するのか予想した記事です。 かつてデビッド・リンチ監督によって映画化されたフランク・ハーバートのSF小説を、「ブレードランナー2049」「メッセージ」の...

 

スポンサーリンク

 

映画『DUNE 砂の惑星』の最終興行収入を予想!

元映画館社員の私が、興行収入は最終的にどこまで伸びるか予想します。

興行収入を予想するには、類似作品の興行収入が分かればおおよそ予想できます。

 

今回は2017年に公開した映画『ブレードランナー2049』と比較していきます。

『ブレードランナー2049』を比較対象に挙げた理由は、ワーナーブラザース配給、名作を引き継いだ作品という共通点があるからですね。

  • 初週:3億円
  • 累計:12億円

『ブレードランナー2049』の興行収入は以上の通りでした。

 

累計興収に初週の数字を割ります。

12億 ÷ 3億 = 4

この数式から、最終興収は初週の4倍だったことがわかります。

『DUNE 砂の惑星』の累計興行収入は初週の4倍になる可能性があるということですね。

 

しかしDUNEはもう少し伸びるポテンシャルがあると思います。ブレランは続編ということもあって客層は中年が多い印象でしたが、DUNEはもう少し若い層にもリーチしそうです。

予告編の再生回数は8月20日の時点で192万回。これは非常に高い数値なので、かなり注目されていることがわかります。

なので、ブレランの初週累計比よりも少し高い5倍で予想してみます。

 

『DUNE 砂の惑星』の累計興行収入は初週の5倍になると予想しました。

個人的には10億円超えを期待できる作品だと思います。

 

初週興行収入が出たら詳しく予想していきます。

※この予想は映画館が通常営業できればという前提になります。

 

スポンサーリンク

 

映画『DUNE 砂の惑星』について

原題Dune
監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作フランク・ハーバート
キャストティモシー・シャラメ
レベッカ・ファーガソン
オスカー・アイザック
ジョシュ・ブローリン
ゼンデイヤ
ジェイソン・モモア
ハビエル・バルデム
公開日2021年10月15日(金)
上映時間155分
配給ワーナー・ブラザース映画

 

スポンサーリンク

 


関連記事

 

>>DUNE/砂の惑星

>>興行収入

タイトルとURLをコピーしました