【なぜか知られてない】900円で上映中映画を観る裏技

映画『えんとつ町のプペル』感想ネタバレなし短評|西野亮廣はディズニーを倒せたのか?

映画『えんとつ町のプペル』感想ネタバレなし短評

12月25日(金)公開の映画『えんとつ町のプペル』を観てきました。

本記事では、『えんとつ町のプペル』のネタバレなし感想を書いていきます。

 

映画紹介

 

【監督】廣田裕介

【原作】西野亮廣

【キャスト】窪田正孝、芦田愛菜

【上映時間】100分

 

スポンサーリンク

映画『えんとつ町のプペル』感想ネタバレなし短評

【評価】4.0

映画『えんとつ町のプペル』のネタバレなし感想を書いていきます。

 

ディズニーっぽさ全開だが、リスペクトを感じる

『えんとつ町のプペル』の原作・脚本を手掛けた西野亮廣氏は「ディズニーを倒す」と豪語していることでも有名。

本作がディズニーを倒せるかはさておき(そもそも対抗作品はないが)、物語全体的にディズニーっぽさを感じた。

王道を貫き、分かりやすいテーマを掲げてファミリーフレンドリーに仕上げることで人の心を掴むと理解しているように見えた。

ディズニーと闘いつつも、ディズニーの良さをしっかり吸収している。これは決して悪いことではなく、大衆ウケのいい映画を作るにはとても重要。

西野氏のことなので奇抜な仕掛けがあると思っていたが、それがないことは意外だった。ディズニーを本気で倒そうとしているなら、むしろ王道が大事なんだなと思わせてくれた。

 

声優・音楽・美術どれも素晴らしかった

東宝配給と聞いた時点で本格派の映画なんだろうなと想像していたが、この期待は裏切らなかった。

 

声優は俳優を起用しているが、全く違和感なかった。

特に主人公プペルを演じた窪田正孝は印象的。間抜けなイメージを与える声質は作風と見事にマッチしていた。

オリラジ藤森慎吾の饒舌さにも驚いた。そういや『PERFECT HUMAN』でも軽快なラップを披露していたっけ。なんてことを思い出した。

 

音楽(劇中歌)の使い方は新海誠作品っぽさを感じた。

ここぞという場面で盛り上げたり、しんみりさせる工夫を凝らしたのだろうなと思う。

 

美術は言うまでもなく素晴らしかった。

あのキラキラした絵本の世界観を忠実に再現する技術にただただ驚いた。

 

もはや一芸人が発起したプロジェクトとは全く思えない映画だった。

 

▼映画を900円で観る方法

【保存版】映画料金を900円にする裏技!あまり知られていないU-NEXT割引チケットの活用法
映画料金って高いよなぁ... 安く観れる方法を知りたい! このようなお悩みを解決します。 映画の一般料金は1,800円か1,900円。 大学生は1,500円。 お世辞にも安いとは...

 

『えんとつ町のプペル』関連作品

『えんとつ町のプペル』を観る前・観た後にチェックしたい作品をまとめました。

 

絵本『えんとつ町のプペル』

 

映画『えんとつ町のプペル』ARTBOOK

 

ぬりえ『えんとつ町のプペル』

スポンサーリンク

 

映画『えんとつ町のプペル』について

公開日2020年12月25日(金)
上映時間100分
製作国日本
配給東宝、吉本興業

あらすじ

信じて、信じて、世界を変えろ。
厚い煙に覆われた“えんとつ町”。煙の向こうに“星”があるなんて誰も想像すらしなかった。一年前、この町でただ一人、紙芝居に託して“星”を語っていたブルーノが突然消えてしまい、人々は海の怪物に食べられてしまったと噂した。ブルーノの息子・ルビッチは、学校を辞めてえんとつ掃除屋として家計を助ける。しかしその後も父の教えを守り“星”を信じ続けていたルビッチは町のみんなに嘘つきと後ろ指をさされ、ひとりぼっちになってしまう。そしてハロウィンの夜、彼の前に奇跡が起きた。ゴミから生まれたゴミ人間・プペルが現れ、のけもの同士、二人は友達となる。そんなある日、巨大なゴミの怪物が海から浮かび上がる。それは父の紙芝居に出てきた、閉ざされたこの世界には存在しないはずの“船”だった。父の話に確信を得たルビッチは、プペルと「星を見つけに行こう」と決意する。しかしこの町の治安を守る異端審問官が二人の計画を阻止するために立ちはだかる。それでも父を信じて、互いを信じあって飛び出した二人が、大冒険の先に見た、えんとつ町に隠された驚きの秘密とは?
出典:『えんとつ町のプペル』公式HP

 

キャスト

窪田正孝(プペル)
芦田愛菜(ルビッチ)
立川志の輔(ブルーノ)
小池栄子(ローラ)
藤森慎吾(スコップ)
野間口徹(レター15世)
伊藤沙莉(アントニオ)
宮根誠司(トシアキ)
大平祥生(デニス)
飯尾和樹(スーさん)
山内圭哉(アイパッチ)
國村隼(ダン)

スタッフ

廣田裕介(監督)
西野亮廣(原作・脚本)

 

予告編

 

主題歌

オープニング主題歌:HYDE「HALLOWEEN PARTY -プペルver.-」
エンディング主題歌:ロザリーナ「えんとつ町のプペル」

 

 

スポンサーリンク

 


関連記事

 

>>えんとつ町のプペル

(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

900円で映画を観よう!

映画館で映画を鑑賞するには、普通は1,900円かかります。どんなに安い日でも1,000円。
これ以上安くするには、映画館のポイントや招待券などを使うしかありません。
しかし、、、
U-NEXTを利用すれば900円で観れます。
通常1,900円が900円。なんと半額以下になっちゃいます!
映画にお金を使いたくない方はぜひご活用ください。

申し込みが多いVODランキング
U-NEXT

【おすすめ新着映画】
1. きみの瞳が問いかけている
2. ドクター・デスの遺産
3. 浅田家!
4. 人数の町
5. 糸

【新作関連作品】
1. エヴァンゲリオン新劇場版 序・破・Q
2. るろうに剣心(1作目・京都大火編・伝説の最期編)
3. 名探偵コナン(劇場版1〜11作目)

【おすすめポイント】
・31日間無料お試しあり
・無料入会で600円分のポイント付与(新作映画1本相当)
映画館の割引チケットあり(900円で購入可)

【最終更新】4月5日

music.jp

【おすすめ新着映画】
1. きみの瞳が問いかけている
2. ドクター・デスの遺産
3. 浅田家!
4. サイレント・トーキョー
5. 人数の町

【新作関連作品】
1. エヴァンゲリオン新劇場版 序・破・Q
2. るろうに剣心(1作目・京都大火編・伝説の最期編)
3. 名探偵コナン(劇場版1〜11作目)

【おすすめポイント】
・30日間の無料お試しあり
・無料登録で1,600円分のポイント付与(新作映画4本相当)
・1,589円/月で毎月5,458円分のポイント付与(新作映画12本相当)

【最終更新】4月5日

TSUTAYA TV

【おすすめ新着映画】
1. きみの瞳が問いかけている
2. ドクター・デスの遺産
3. 浅田家!
4. サイレント・トーキョー
5. 人数の町

【新作関連作品】
1. エヴァンゲリオン新劇場版 序・破・Q
2. るろうに剣心(1作目・京都大火編・伝説の最期編)
3. 名探偵コナン(劇場版1〜11作目)

【おすすめポイント】
・30日間の無料お試しあり
・無料登録で1,100円分のポイント付与(新作映画2本相当)
・DVDと配信の両方を楽しめる

【最終更新】4月5日

映画感想
フォローする
映画予報
タイトルとURLをコピーしました