【いま話題の映画が分かる】
興行収入ランキング2024

福山雅治の武道館ライブ映画の興行収入と観客動員数の推移【FUKUYAMA MASAHARU LIVE FILM 言霊の幸わう夏 @NIPPON BUDOKAN 2023】

映画「福山雅治ライブフィルム 言霊の幸わう夏」<予告60秒>2024.1.12先行/1.19全国公開

1月12日(金)ドルビーシネマ先行公開、1月19日(金)全国公開の映画『FUKUYAMA MASAHARU LIVE FILM 言霊の幸わう夏 @NIPPON BUDOKAN 2023

  • 興行収入の推移
  • 観客動員数の推移
  • 週末動員ランキングの推移

をまとめた記事です。

 

いま注目されている映画を知るための指標ともなる興行収入

鬼滅の刃』『呪術廻戦0』などの大ヒットで注目されるようになりましたね。

そこで本記事では、
映画『FUKUYAMA MASAHARU LIVE FILM 言霊の幸わう夏 @NIPPON BUDOKAN 2023』の興行収入・観客動員数・週末動員ランキングの推移、最終興収の予想をまとめました。

 

この記事を書いた人

映画館でアルバイトスタッフ、正社員マネージャーを経験。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。

フォローする
プロモーション

※本ページは広告プロモーションが含まれています。

スポンサーリンク

福山雅治の武道館ライブ映画の興行収入・観客動員数・週末動員ランキングの推移

公開日数興行収入観客動員数順位
13日間
1/21まで
1.2億円
1億2400万円
3.6万人
3万6000人
210日間
1/28まで
2.1億円
2億1200万円
6.3万人
6万3000人
317日間
2/4まで
2.8億円
2億8500万円
8.4万人
8万4000人
425日間
2/12まで
3.3億円
3億3100万円
9.8万人
9万8000人

本記事は興行収入の発表が終わるまで毎週更新していきます。

よければブックマークしてたまに確認してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

その他映画の興行収入予想

サイレントラブ|映画の興行収入と観客動員数の推移
マッチング|実写映画の興行収入と観客動員数の推移
夜明けのすべて|実写映画の興行収入と観客動員数の推移
あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。|実写映画の興行収入と観客動員数の推移
ゴールデンカムイ|2024年実写映画の興行収入と観客動員数の推移

もっと見る

 

FUKUYAMA MASAHARU LIVE FILM 言霊の幸わう夏 @NIPPON BUDOKAN 2023|関連記事

福山雅治の武道館ライブ映画の興行収入と観客動員数の推移【FUKUYAMA MASAHARU LIVE FILM 言霊の幸わう夏 @NIPPON BUDOKAN 2023】

 

スポンサーリンク

 

FUKUYAMA MASAHARU LIVE FILM 言霊の幸わう夏 @NIPPON BUDOKAN 2023|映画情報

映画「福山雅治ライブフィルム 言霊の幸わう夏」<予告60秒>2024.1.12先行/1.19全国公開

原作東野圭吾
監督福山雅治
キャスト福山雅治
柊木陽太
公開日2024年1月19日(金)
上映時間136分
映倫区分G
配給松竹
福山雅治“初”のライブフィルム
あの夏の日の少年は、かつてのわたしだった――
福山雅治による、ステージの上の自叙伝
自身が思い描く<理想のLIVEサウンド>と<理想のLIVE映像世界>
福山が初監督を務め完成させた、究極の“ライブを超えたライブ”体験
1990年のデビューから歌手活動30年を越え、男性ソロアーティスト総CD売上げ歴代No.1の記録を持つなど、
名実ともに日本を代表するアーティスト・福山雅治が、2023年夏に開催した「言霊の幸(さき)わう夏 @NIPPON BUDOKAN 2023」。
3年半の時を経て“観客の声”が帰ってきた自身にとっても大切な瞬間を、福山自ら監督を務め映画化。
福山本人が監督を務める本作。ライブの総合演出、映像、音の全てを福山自身が監修。
実際のライブを、40台以上のカメラで360°全方位、日本武道館史上初となる、
アリーナに観客を入れた状態でのドローン撮影(※)を実施するなどハイクオリティの映像が収録された。
さらにDolby Atmos®(ドルビーアトモス)の最高の音響技術を駆使し、細部に至るまで徹底的に拘って理想の音の表現を追求した。
本作を制作する上で福山が目指したのは、<まるでライブを見ているような擬似体験>では無く、<“ライブを超えたライブ”体験>。
今回の映像制作において、自身の脳内にある“理想のライブの音”、“理想のライブ演出、そして映像世界”を追求した究極の“ライブを超えたライブ”を、
2023年の最新のテクノロジーを駆使して映画化すること。
さらに本作には、映画ならではのストーリー性も盛り込まれており、俳優の柊木陽太(ひいらぎ・ひなた)が演じる「少年期の福山雅治」が作品の鍵を握る。
柊木は福山が主演を務めたTBS日曜劇場『ラストマン-全盲の捜査官-』で自身が演じたキャラクター・皆実広見(みなみ・ひろみ)の少年期を担当している。
また、随所に故郷長崎で撮影された美しい実景のインサートやCG演出も施され、
これらの要素が組み合わさることで、ライブそのものを素材にし、<究極の“ライブの理想像”>を追求した映画作品が誕生した。
引用:映画『FUKUYAMA MASAHARU LIVE FILM 言霊の幸わう夏 @NIPPON BUDOKAN 2023』公式サイト

【映画館の料金を割引する方法】
おすすめ3選

【保存版】映画館の料金を割引する方法を元映画館社員が解説|映画割引サービスを徹底比較

スマホはスクロールできます >>

大手映画館でおすすめ!

U-NEXT

映画チケット割引

大手映画館が最安実質0円*
>>対象の映画館はこちら
・関連作品を見放題で観られるかも!?
>>対象作品は画面右上の検索ボックスで確認!
TOHOシネマズでおすすめ!

auスマートパスプレミアム

auスマートパスプレミアム

TOHOシネマズが毎週月曜1,100円!ポップコーンセット500円
ユナイテッド・シネマ、MOVIX・ピカデリーが毎日1,400円
>>UC・SMTは1,200円の時もあります。
最新情報はauスマートパスプレミアム公式サイトでご確認ください。
イオンシネマでおすすめ!

イオンカード

イオンカード(ミニオンズ)

イオンシネマが毎日1,000円
>>ミニオンズカードのみ対象です
・新規入会で高額ポイントもらえるかも!?
>>キャンペーン最新情報はイオンカード公式サイトでご確認ください。

*U-NEXTで1,500ポイント以上ある方は映画チケット割引が実質無料、新規入会の方は初回登録特典600ポイント使用で実質900円で購入可能。
※最新情報は各種サイトでご確認ください。

 

タイトルとURLをコピーしました