【るろうに剣心 最終章 The Final】動画配信開始!

映画『キネマの神様』はいつまで上映する?元映画館社員が公開期間を予想

映画『キネマの神様』はいつまで上映する?元映画館社員が公開期間を予想

8月6日(金)公開の映画『キネマの神様』はいつまで上映するのか予想した記事です。

松竹映画の100周年を記念した映画。人気作家・原田マハの同名小説を沢田研二、菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子などの豪華出演者を迎えて山田洋次監督が映画化。

 

私は映画館で社員(マネージャー)として勤務していましたが、「〇〇はいつまで上映していますか?」というお問い合わせは非常に多かったです。

そこで本記事では、映画『キネマの神様』はいつまで上映するのか予想しました。

後半では900円で観る方法も解説しているので合わせご参考ください。

本記事の内容はあくまで予想です。
できる限りお早めに鑑賞されることを推奨いたします。

 

 

この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトを経験後、社員マネージャーとして勤務。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。
姉妹サイト『ドラマ予報』『アニメ予報』運営者。

フォローする
スポンサーリンク

映画『キネマの神様』はいつまで上映する?

映画は通常1〜3ヶ月ほど上映されますが、上映期間は作品の需要によって異なります。

映画の上映期間を予想するには、過去の類似作品と比較するとおおまかに分かります。

今回は2020年に公開した北村匠海主演の映画『さくら』と比較していきます。『さくら』と『キネマの神様』は松竹配給という共通点があるのも比較対象に選んだ理由です。

  • 公開日:2020年11月13日
  • 終了日:2020年12月中旬頃
  • 上映期間:約1ヶ月

映画『さくら』は約1ヶ月ほど上映されていました。

これを8月6日公開の『キネマの神様』に当てはめると、
9月上旬〜中旬頃まで上映されると予想しました。

 

▼動画配信について▼

映画『キネマの神様』を無料視聴できるおすすめ動画配信サービス
映画『キネマの神様』を無料で観たい! せっかくなら「自分に合った動画配信サービス」を使いたい! このような願望を実現させます。 本記事では、映画『キネ...

 

スポンサーリンク

 

映画『キネマの神様』を900円で観る方法

映画館で映画を観る場合、通常1,900円ほどかかります。

しかし、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、映画館で上映中の映画を900円で観れちゃいます。

 

U-NEXTでは『映画チケット割引』を1,500円で販売しています。

映画チケット割引とは前売券みたいなものです。事前に購入して、後日映画館の座席チケットと引き換えます。

通常1,500円かかる映画チケット割引ですが、U-NEXT無料登録でもらえる600ポイントを使えば900円で購入できます。

  1. U-NEXTの31日間無料トライアルに登録(600ポイントもらえます)
  2. 映画チケット割引を購入(1,500 - 600 = 900円で購入可
  3. 映画館、ネット予約で映画チケット割引を使って映画館のチケットを購入

この3ステップだけで映画館で上映中の映画を900円で鑑賞できます。

5分もかからず映画を約1,000円も割引できると考えればとてもお得ですね。

 

浮いたお金で飲食物やグッズ・パンフレットを買うのもおすすめ!

映画代を1,000円節約
本日から10月28日まで無料!

 

映画『キネマの神様』について

公開日2021年8月6日(金)
監督山田洋次
原作原田マハ
キャスト沢田研二
菅田将暉
永野芽郁
野田洋次郎
北川景子
寺島しのぶ
小林稔侍
宮本信子
リリー・フランキー
前田旺志郎
志尊淳
松尾貴史
広岡由里子
北山雅康
原田泰造
片桐はいり
迫田孝也
近藤公園
豊原江理佳
渋谷天笑
渋川清彦
松野太紀
曽我廼家寛太郎
主題歌RADWIMPS feat.菅田将暉「うたかた歌
製作国日本
配給松竹

無類のギャンブル好きなゴウ(沢田研二)は妻の淑子よしこ(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放されたダメ親父。
そんな彼にも、たった一つだけ愛してやまないものがあった。
それは「映画」−−− 。
行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とゴウは、かつて映画の撮影所で働く仲間だった。

若き日のゴウ(菅田将暉)は助監督として、映写技師のテラシン(野田洋次郎)をはじめ、時代を代表する名監督やスター女優の園子、
また撮影所近くの食堂の娘・淑子(永野芽郁)に囲まれながら夢を追い求め、青春を駆け抜けていた。
そして、ゴウとテラシンは淑子にそれぞれ想いを寄せていた。
しかしゴウは初監督作品の撮影初日に転落事故で大怪我をし、その作品は幻となってしまう。
ゴウは撮影所を辞めて田舎に帰り、淑子は周囲の反対を押し切ってゴウを追いかけて行った…。

あれから約50年。歩の息子の勇太(前田旺志郎)が、古びた映画の脚本を手に取る。
その作品のタイトルは、「キネマの神様」。それはゴウが初監督の時、撮影を放棄した作品だった。
勇太はその脚本の面白さに感動し、現代版に書き直して脚本賞に応募しようとゴウに提案する。
最初は半信半疑で始めたゴウであったが、再び自身の作品に向き合う中で、忘れかけていた夢や青春を取り戻してゆく−− 。

これは、“映画の神様”を信じ続けた男の人生とともに紡がれる愛と友情、そして家族の物語。

引用:『キネマの神様』 公式HP

 

スポンサーリンク

 

本記事のまとめ

映画『キネマの神様』は、
9月上旬〜11月上旬頃に上映終了する映画館が多いと予想しました。

※本記事の内容はあくまで予想のため、お早めの鑑賞を推奨いたします。

 

 

▼動画配信について▼

映画『キネマの神様』を無料視聴できるおすすめ動画配信サービス
映画『キネマの神様』を無料で観たい! せっかくなら「自分に合った動画配信サービス」を使いたい! このような願望を実現させます。 本記事では、映画『キネ...

 

スポンサーリンク

 


関連記事

 

>>キネマの神様

>>上映終了日予想

タイトルとURLをコピーしました