【るろうに剣心 最終章 The Final】動画配信開始!

映画『そして、バトンは渡された』はいつまで上映するのか元映画館社員が予想!

映画『そして、バトンは渡された』はいつまで上映するのか元映画館社員が予想!

2021年10月29日(金)公開の映画『そして、バトンは渡された』はいつまで上映するのか予想した記事です。

 

第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの同名ベストセラー小説を、永野芽郁、田中圭、石原さとみの共演で映画化。監督は『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の前田哲。

 

私は映画館で社員(マネージャー)として勤務していましたが、「〇〇はいつまで上映していますか?」というお問い合わせは非常に多かったです。

そこで本記事では、映画『そして、バトンは渡された』はいつまで上映するのか予想しました。

後半では900円で観る方法も解説しているので合わせご参考ください。

本記事の内容はあくまで予想です。
できる限りお早めに鑑賞されることを推奨いたします。

 

この記事を書いた人
元映画館社員

映画館でアルバイトを経験後、社員マネージャーとして勤務。
プライベートでは年間100本近くの映画とドラマを観るエンタメ好き。
姉妹サイト『ドラマ予報』『アニメ予報』運営者。

フォローする
スポンサーリンク

映画『そして、バトンは渡された』はいつまで上映する?

映画は通常1〜3ヶ月ほど上映されますが、作品の興行収入や話題性によって左右されます。

上映期間は最初から決まっているものではないということですね。

 

では『そして、バトンは渡された』はどれくらい上映されるかという話ですが、過去に上映された類似作品の上映期間と比較すれば大まかに予想できます。

そこで今回は、小説原作のヒューマンドラマ映画、話題のキャストが多数出演、大手配給会社の作品という共通点がある映画『ラストレター』の上映期間から『そして、バトンは渡された』はいつまで上映されるか予想していきます。

 

『ラストレター』は2020年1月17日に公開され、約1ヶ月半ほど上映されていました。

これを10月29日公開の『そして、バトンは渡された』に当てはめると、12月上旬〜中旬ごろまで上映されるということになりそうです。

12月以降は注目の新作映画が続々と公開されるので、終了するにはちょうどいい時期でしょう。

『そして、バトンは渡された』は興行収入7億円を目指せる作品だと予想しているので、極端に早く終了するということはないと思います。

(興行収入については『そして、バトンは渡された』の興行収入を予想した記事で詳しく書いています)

 

『そして、バトンは渡された』は12月上旬〜中旬ごろまで上映される映画館が多いと予想しました。

細かい上映期間は映画館によって異なるので、お近くの映画館でご確認ください。

 

スポンサーリンク

 

映画『そして、バトンは渡された』について

監督前田哲
原作瀬尾まいこ
キャスト永野芽郁(森宮優子)
田中圭(森宮壮介)
岡田健史(早瀬賢人)
稲垣来泉
朝比奈彩
安藤裕子
戸田菜穂
木野花
石原さとみ(梨花)
大森南朋
市村正親(泉ヶ原)
インスパイアソングSHE’S「Chained」
公開日2021年10月29日(金)
上映時間137分
配給ワーナー・ブラザース映画

 

スポンサーリンク

 

本記事のまとめ

映画『そして、バトンは渡された』は、
12月上旬〜中旬ごろまで上映される映画館が多いと予想しました。

※本記事の内容はあくまで予想のため、お早めの鑑賞を推奨いたします。

 

 

スポンサーリンク

 


関連記事

 

>>そして、バトンは渡された

>>上映終了日予想

タイトルとURLをコピーしました